kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【年金二人暮らし】誕生日に551蓬莱(ほうらい)の豚まんと焼売(シュウマイ)を注文しました。

f:id:kakonobu:20201216100312j:plain

f:id:kakonobu:20201216100945p:plain

12月は娘ムコと、私の誕生月です。(≧∀≦)
自分へのプレゼントに「551のHORAIの豚まんとシュウマイ」
をお腹いっぱい食べました。
あぁ。おいしかったー。

「豚まん」と言えばやっぱり「551蓬莱」(ほうらい)
この皮のもちもち感と甘さ、そして具の独特の風味とおいしさ。
もう大好物です。
それで12月は私の誕生月ということもあり「豚まん10個」と「焼売(しゅうまい)10個」のセットをネットで注文。
誕生日に届くよう、日にち指定して楽しみに待ちました。

焼売を食べるのは初めて

f:id:kakonobu:20201216100308j:plain

 豚まんは何度も注文していますが「焼売」は食べた記憶がないので、今回は特別に「豚まんと焼売のセット」を注文することに。
届いてびっくり。
かなりのビッグサイズです。
さっそく「お昼ごはん」のおかずにしました。

やっぱり蒸し器が最高

f:id:kakonobu:20201216100317j:plain

お昼ごはん。(*・∀・*)ノ

蒸し器を使って「焼売」を15分ほど温めました。
「551の豚まん」も、やっぱり蒸し器がおすすめです。
冷めると固くなるので「蒸気をあてながら」再加熱した方が、ホカホカで柔らかくしっとりします。

時間のない時はレンジを利用しますが、やっぱり蒸し器で温めた方がダンゼンおいしく、味の違いは歴然。
温かさも長持ちするような気がしますしね。

お昼ごはんは「551の焼売」

f:id:kakonobu:20201216100321j:plain

ビッグサイズの焼売をカラシ醤油で食べました。
予想通り。(^∀^;)

豚まんの具と同じ(?)ような食感。
だから「わぁ。おいしいぃ~。」という感激はありませんでした。

夫はたいそう気に入った様子で「うまいなぁ。」と言いながら完食。
私的には「次に注文する時は豚まんだけでいいかな~。」って感じでした。

おやつはもちろん「豚まん」

f:id:kakonobu:20201216100326j:plain

夫の豚まんの食べ方。

このように、皮が見えなくなるほど カラシをたっぷり塗りたくるのが夫流。
無料でもらった物は「使いまくる」主義のよう。
「え。そんなに塗りたくるの?」・・みたいな。( ̄m ̄〃)

そんな私の食べ方は。

f:id:kakonobu:20201216100331j:plain

夫のことはさておいて。(*^∀^*)ノ
ここでは私流の「551豚まん」の食べ方をご紹介しましょう。

カラシは体調を案じて控えているので、基本つかいません。
だけど、この底に敷いてある薄い木の皮!
これが重要。
これをはがしたらご覧のように、豚まんの皮がたくさんついてくるんですよね。
ということは。(  ̄▽ ̄:)

もったいないので、これを歯でしごきながら食べる!


皮の底についた「豚まんのかけら」を、歯でしごき取るのは「551の豚まん」に対する礼儀。

そのあと、本体をゆっくりと味わいながら食べつくします。

夫は底の皮についた「豚まん」にかぶりついている私を見て、
「底についたものをそこまですんの?そこまで・・。」
もはや「ダジャレ」になっていることさえ、気がついていないようでした。

(* ̄▽ ̄)フフフッ♪
これも下品な食べ方でしょうか?
確かに孫の前ではできませんよね。
でも、おいし過ぎるので、捨てるのはもったいないのです・・・。

今回は以上となります。
後日、孫にも蒸し器で温めた豚まんをごちそうすると「おいしぃー。」を連発。
ほかほかに湯気のたった「551蓬莱の豚まん」で楽しい時間を過ごしました。

  こちらの記事もどうぞ

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ

▼ 家族中で大好き。シアワセの味です。