kako-b

~60代を穏やかに楽しく暮らす~

60代主婦の日常 母とお別れをしてきました。

f:id:kakonobu:20220105111549j:plain

大晦日に95歳で亡くなった実母。
身内だけの簡素な告別式も終えて、無事に帰宅しました。

母の亡骸は童女のように愛らしく、柔らかそうな唇は微笑んでいるようでした。
そして閉じた瞼のまつ毛1本1本も生々しく、まるで眠っているようにしか見えませんでした。

ここまで美しくお化粧してくださった事に「プロの方ってホントにすごいなぁ。」って胸がいっぱいになりました。

でも顔を触ると、氷のようにひんやりと冷たく硬く。
「母の魂はもうここにはいないんだな。」って、不思議な感じがしました。

母が製作した「ちぎり絵」

f:id:kakonobu:20220105111546j:plain

北海道の「富良野」をイメージした作品です。
和紙をちぎって、水のりで貼りつけてあります。

20年以上前に、夫の転勤でちょうど札幌で暮らしていた頃、母がプレゼントしてくれました。
メルヘンチックな雰囲気が気に入って、住むところが変わっても、常に家のどこかに飾ってきました!

そして現在は玄関に

f:id:kakonobu:20220105111553j:plain

この家では、この場所が一番映えるので、ここにずっと飾っておくつもり。

それにしても昨年の12月は憤怒の嵐のように、いろいろなことがありました~!

だけど心配していた足の調子は、ほぼ90%回復。
「喪服でハイヒールは辛いなぁ」と心配だったけれど、告別式のあいだ、足のことはすっかり忘れていました。
これにはびっくりです。

かなり調子が良くなったので良かった~!
これからも「ラジオ体操」「気功」「ウオーキング」
無理のない範囲で続けようと思います。😄

それでは今日はこのへんで。 
また遊びにきてくださいね~。\\🖐//

  こちらの記事もどうぞ