kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【年金生活・冬の常備品】夫の「あかぎれ」に「リペアクリーム」を常備しています。

f:id:kakonobu:20210111172624j:plain

f:id:kakonobu:20210111173140p:plain

夫は毎年冬になると、肌がかさついてかゆくなります。
特にこの冬はホームセンターのアルバイトで、手が荒れがちに。
そんな時の強い味方が「リペアクリーム」です。

ドライスキンで指の先がひび割れるのって、痛くて本当に辛いですよね。
このような状態になったら、なかなか安価なハンドクリームでは追いつきません。
なので我が家では、ちょっと高価だけど、第一三共ヘルスケアから発売されている「ロコベースリペア」を常備するようにしています。

冬の必需品

f:id:kakonobu:20210111172619j:plain

年金暮らしには「超高価なハンドクリーム」
だけど冬になったら、やっぱりこのクリームのお世話になっています。

夫いわく。
「このクリームで手先をコーティングしておくと、アカギレもひどくならずに快方に向かう」とのこと。
まさに夫にとっては「お守り」のような存在のクリームです。

とはいえ、我が家でも使いだしたのはここ4年ほど。
実は高価なので敬遠していたのだけど、いざ使って見たら、夫のアカギレがみるみるうちに快方に向かって...。
もう本当にびっくりしました。(* ̄m ̄)

頼もしいクリーム

夫の現在のアルバイト「ホームセンターの品出し&お客様の案内」も、外で灯油を入れたり、レンガを運んだり...。
意外と外での作業が多いので、この季節は手が冷たくなって大変だそう。

そんな夫の頼もしい味方が「リペアクリーム」です。
油断しているとすぐに「アカギレ」ができるので、この「リペアクリーム」だけは少々高価でも、買い続けて欲しいんだそう。

ここまでやる?秘密の使い方

f:id:kakonobu:20210111172629j:plain

「なにこれ?」( ̄m ̄〃)
「意味不明」な画像です。
実はこれ、量が少なくなった「リペアクリーム」の上部をハサミで切り取って、使わない「耳かき」を差し込んでいるところ。

「リペアクリーム」は固いので、量が減ってきたら「チューブを絞っても」なかなか出てきません。
しかも、チューブが出るところの内部に、けっこうクリームが残っているのです。
だから「耳かき」ですくいとって、使うというわけ。
セコイ使い方も、もうすっかりなれました。
これぞ「年金生活者」の知恵。(*^∀^*)ノシ

検証・驚きの中身

f:id:kakonobu:20210111172614j:plain

だって...ほらね。(・∀・)
こんなにたくさん残っているんですよ。
高価なクリームゆえ、もったいないですよね。
だいぶ「耳かき」ですくい取って使ったにもかかわらず、まだまだこれだけ付着しています。

いよいよ最後の最後はボディをハサミで切り開いて...。
キレイに使おうと思っています。('◇')ゞ

ここまで使ってもらえば、きっと「リペアクリーム」も本望でしょう。
以上、年金生活者の常識でした。

  こちらの記事もどうぞ

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ

▼ アカギレに悩んでいる方はぜひ使ってみてくださいね。