kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【年金生活を楽しく】おやつにアップルパイを焼きました。

f:id:kakonobu:20201217085516j:plain

f:id:kakonobu:20201217085847p:plain


古いレシピの「アップルパイ」を久しぶりに焼きました。
娘に大好評だった「アップルパイ」です。
とっても簡単でおいしいですよ。

子供たちが大好きで、以前はよく作っていた「アップルパイ」
買い置きしていた「りんご」も残っていたので早速作ることにしました。
といっても作ったのはもう何年ぶり?というぐらい久しぶりです。

フードプロッセッサー再び

f:id:kakonobu:20201217085505j:plain

処分しようか悩んでいて、ずっと放置状態だった「クイジナートのフードプロセッサー」
でも処分しなくて本当に良かった。(^^ゞ
夫が定年になってライフスタイルが変わったことにより、現在はお菓子作りに大活躍中です。
スコーンやパイ生地は、やっぱりフードプロッセッサーが便利ですね。
あっという間に出来上がります。

風変りなアップルパイ

f:id:kakonobu:20201217085509j:plain

このレシピの作り方は少し変わっています。

一般的な「アップルパイ」って、りんごを煮たり、カスタードクリームを作ったりして、手間がかかりますよね。
でもこのアップルパイは、そんな「しちめんどくさい工程」が一切ありません。
でも出来上がった「アップルパイ」は、そんじょそこらのお店の物より、断然おいしく感じます。
まさに「食べてびっくり玉手箱」のようなおいしさ。

しかも、生の「りんご」に砂糖 ( 写真はキビ砂糖使用 ) やシナモンなどをコーティングして、上にクランブル ( 砂糖・バター・粉をそぼろ状にした物 ) をかけて焼くだけ。

生のパイ生地にりんごをのせて

f:id:kakonobu:20201217085512j:plain

伸ばして敷いたパイ生地の上に「コーティングしたりんご」を入れたらこんな感じに仕上がりました。
あとはクランブル ( そぼろ状のトッピング ) をかけて完成です。

クランブルをかけて出来上がり

f:id:kakonobu:20201217093437j:plain

粉とバターと砂糖を「そぼろ状」にしたものを「クランブル」と言うんだそうです。
でも画像は「砂」をかけたような状態に。
なにこれ??? 

※ 混ぜ方が足りなかったようです。( ;∀;)

クランブルは混ぜ方が雑になると、焼き上げた時に、ところどころ粉が残ったままになるので要注意です。
久しぶりに作ったせいか、今回のアップルパイは見事に粉が残ってしまいました。


あちゃーです。
でも大丈夫。
「食べてびっくり玉手箱」なんですから!←( 強気 )

ドキドキのの試食タイム

f:id:kakonobu:20201217085516j:plain

「りんご」をのせて「クランブル」をかけたら200°のオーブンで焼くこと40分。
「りんご」がクツクツと煮えてトロ~ッとした感じになったら出来上がりです。

きび砂糖を使っているので全体的に色が濃いですが、味を優先させたいなら、やっぱり「きび砂糖」がおすすめです。

熱々が最高

これって、できたてが一番おいしくて、熱々をほおばると「りんご」の何とも言えない甘酸っぱさが口に広がります。
そしてパリッと焼けたパイ皮とクランブルが香ばしくて、もうたまりません。

久しぶりに食べたけど、やっぱり最高においしかったです。

翌日はアップルパイ持参で外カフェ

f:id:kakonobu:20201217085524j:plain

この日は夫が休日で里山センターへ。
ベンチとテーブルが常設してあるコーナーでお茶を楽しみました。

またまたアップルパイ登場

f:id:kakonobu:20201217085532j:plain

とりあえず残っていたアップルパイを4個に切って持参。
前日に食べ過ぎて、もうこれだけしか残っていませんでした。
どんだけ二人で食べたのか・・・。

大きなアップルパイを2日で完食

f:id:kakonobu:20201217085529j:plain

空気がヒンヤリした中でインスタントコーヒーを作って「ほっこりタイム」
このアップルパイは冷めてもおいしいので、外カフェにもぴったりでした。

最近は新しいレシピのお菓子ばかりを作っていましたが「昔のレシピもおいしいなぁ。」と再認識。
子供たちが大好きだった古いレシピも、これからは大切に作り続けようと思いました。いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。(≧人≦)

  アップルパイのレシピはこちらです。
  こちらの記事もどうぞ