kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【孫たちとクリスマスパーティー】カップケーキを焼きました!

f:id:kakonobu:20201220094620j:plain

f:id:kakonobu:20201220095406p:plain

19日の午後から孫たちを呼んで「クリスマスパーティー」決行。
みんなが大好きなバターケーキを焼きました。

孫たちは渋いことに「おでん」が大好き。
なのでこの日は二つのお鍋を稼働して「おでんパーティー」に。

朝からクツクツ煮込みました。

f:id:kakonobu:20201220094605j:plain

材料がすべて入る大きな鍋がないので、二つに分けて煮込みました。
一つは「ジオのステンレス鍋」そしてもう一つは「ストウブの鍋」です。

孫たちは「スジ肉」と「ごぼう天」そして「こんにゃく」が大好き。
そんな具材をメインに「大根」や「卵」も追加しました。


カップケーキを焼きました

f:id:kakonobu:20201220094609j:plain

カップケーキの生地は、ちょっと手間だけど「絞りだし袋」を使ってカップに入れると、焼いた後の形がキレイに整います。
キレイに山形になると、テンションも上がりますよ♪

手作りのパーティー

f:id:kakonobu:20201220104303j:plain


孫たちからも「お手紙」と手作りの「クリスマスリース」のプレゼントが。
一生懸命つくってくれて、孫たちの気持ちが伝わってくるよう。
12月中は部屋にずっと飾っておくつもりです。

いつもはシーンと静まり返った我が家・・・。
孫たちが来るとエネルギーが飛び跳ねて「楽しい雰囲気」に早変わりです。

カップケーキに大喜び

f:id:kakonobu:20201220094612j:plain


クリスマスバージョンのアイシングにして孫たちから喜びの声が。

小学三年生のお姉ちゃんはスポンジケーキを食べないので、バターケーキでお祝いすることが多いですね。
だから今回もやっぱりバターケーキ。(*^^)v

おでんが最高においしかった

基本のレシピは「白ごはん.com」ですが、この味つけの配合はすごい!
ピタッと決まって、本当においしく出来ました。
「おでん」はそれぞれの材料の下準備がちょっと手間ですが、後は煮込むだけなので簡単といえば簡単。
二人とも「おいしいっ。」と言いながらたくさん食べてくれました。

クリスマスプレゼントに喜びの嵐

f:id:kakonobu:20201220094617j:plain

「ぬいぐるみ」を、それはそれは楽しみにしてくれていたようで、大興奮しながら紙バッグから取り出していました。
ここまで喜んでくれると、ほんとうに作り甲斐がありますよ。
おばあちゃんの方が反対に「ありがとう。」と言いたいぐらいでした。

ひとしきり遊んだところで、新旧のぬいぐるみと人形で記念撮影。
娘曰く、ずっと前からこの日を楽しみに待っていたそうで、その嬉しい気持ちが孫たちの表情にもあらわれていました。

思い出に残ったクリスマス・パーティー

孫たちの「祖父母」は夫と私しかいないので、常に心のどこかで「寂しい思いはさせたくない」というのがあります。
なので無事にイベントが終わって心から安心しました。
あぁ良かった。

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。(≧人≦)

  こちらの記事もどうぞ