kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【資生堂オイデルミン】100年以上の歴史!【ふきとり化粧水がいい感じ】

\読者登録おねがいします/

f:id:kakonobu:20200905154847j:plain

500円ちょっとで買える「資生堂 オイデルミン」
これなくして、私のスキンケアは始まりません。
年金生活者には、合掌したいほどありがたい存在です。(*˘人˘*)

  資生堂 オイデルミンとは
  • 資生堂から発売されている「ふきとり専用の化粧水」
  • 1897年 ( 明治30年 )
  • 発売当時の価格は「25銭」で、かなり高級品の部類だった。

参考:ウィキペディア

それまでは医薬品事業をしていた「資生堂」の初めての化粧品が「オイデルミン」だったとか。まさか当時は、こんなにロングセラーになるとは夢にも思っていなかったでしょうね。

お財布に優しい化粧水

f:id:kakonobu:20200831130537j:plain

「資生堂オイデルミン」はずっと愛用している、ふきとり専用の化粧水です。
使うようになった「きっかけ」は、インターネットの「クチコミ」を読んで試してみたくなったから。

値段も500円ちょっとでお財布にも優しいので、ドラッグストアで購入したのが始まりです。

でもぶっちゃけ、けっこうキツイ色なので「きっと肌に合わないだろうな」って
思ってました。


でも意外なことに、使用感はヒリヒリせずマイルドな感じ。
刺激はまったくありませんでした。

翌朝の肌のようす

翌日の肌を見ると、これまた予想に反して毛穴も目立たずスッキリ!
それですっかり気に入ってしまい、それ以来もう何年も何年も使っています。

500円ちょっとで購入できるので、たっぷり使えるし、リピート購入する時に、悩まなくてもいいので助かっています。

余談ですがクレンジングは「ドルックス」を愛用していて、最強のコンビです。

ロングセラーってありがたい

定番商品がいつでも購入できると安心感がありますよね。

お気に入りの商品が普通に買えるってありがたい...。
もし、いつもの商品が生産終了になったら、あなたならどうしますか?

私は愛用していたパウダーコロンが生産終了になって、とうとうそれに代わる商品に巡り合うことができませんでした。

そんな哀しい自分語りをしてみようと思います。

生産終了になった「パウダーコロン・ビバーチェ」

f:id:kakonobu:20200905171353j:plain

もう27年ぐらい前の話。
資生堂の「パウダーコロン ビバーチェ」を愛用していた時期がありました。

香水のようにキツイ匂いではなく、優しいフルーティーな香り。
とにかく何ともいえない「いい匂い」なんです。

パウダーが入っているので、使う時にシャカシャカ~♪って、可愛いビンを振って使うのが、また楽しくて。
まわりの評判もかなり上々で、私には理想的な商品だったのです...。
ところが!!
いつのまにか生産終了となってしまいました。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン...とはこのことです。

ヤフオクで発見したビバーチェ

かなり年数が経過したあとも、結局ビバーチェ以上の商品に巡りあうことはありませんでした。

あの何とも言えない香りが恋しくて、そしてもう一度嗅いでみたくて、しつこくヤフオクを徘徊していた時期がありました。

その結果やっと夢にまで見た「パウダーコロン ビバーチェ」を発見!
そしてめでたく落札。

どれだけソワソワと到着を待ったことでしょう。

哀しい結末が待っていた

ところが届いた商品は、年数が経過していたせい(?)なのか、香りがまったく別物になっていました。

新鮮な甘い香りではなく、ツーンとした感じ。
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン
わたしの人生に、情け容赦なく介入してくる、この顔文字。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン。

落胆したけれど、ハッキリと目が覚めた瞬間でもありました。
もう過去に固執しないで、前へ進もう..。
これにて私のビバーチェへの追想も終了となったのです....。チーン。

大好きなオイデルミン

お気に入りの商品が生産終了になると、それに代わる商品を探す労力は大変なもの。
その点、オイデルミンは、私が生きている間は生産を続けることでしょう。
それが何より安心感をあたえます。

  • 使い方は、クレンジングの後コットンにつけてふき取るだけ。
  • たったそれだけなのに、お肌の調子はとっても良いです。


すごくサッパリするので気持ちがいいですよ♪
気になる方はぜひ使ってみてくださいね。


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます!

ブログランキング・にほんブログ村へ