kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【一日二食・60代二人暮らし】お昼ごはんに「手作り餃子(ギョーザ)」を作りました。

f:id:kakonobu:20210125184422j:plain

f:id:kakonobu:20210125184801p:plain

夫婦で「餃子」が大好き。
以前はよく「王将」の餃子をテイクアウトしてました。
だけど最近はもっぱら「手作り餃子」を楽しんでいます。

そういえば、 お店の「餃子」は時々「油っぽいな」と思うことがありました。
家で作った「餃子」は意外とさっぱりと食べられるので、夫にも好評です。

餃子にはやっぱり白菜

f:id:kakonobu:20210125184411j:plain

今回の餃子の中身は「白菜」と「ニラ」と「豚のひき肉」がメインです。
生のキャベツを刻んで入れる方法もあるけれど、夫は「白菜をゆでた方が好き」なんだそう。

白菜はゆでて冷ました後、細かくきざんで軽く水分をきったものを混ぜました。
後は「ショウガ」と「ニンニク」のすりおろした物も適当に。
今回の味付けはこんな感じです。

 味付けは2人分で
  • しょうゆ 小さじ 1 
  • オイスターソース 小さじ 2 
  • ゴマ油 大 1 
  • 酒 大 1 
  • 砂糖 小さじ 2分の1
  • 片栗粉 小さじ 2分の1 
  • 塩・こしょう 適宜


上記の味付けをして皮に包んでゆきました。

どういうわけか「餃子」の味付けに関しては定番がなく、いつも「その場限り」になってしまいます。
どうしてでしょう・・・。(T∀T;)

ホットプレートで一気焼き

f:id:kakonobu:20210125184415j:plain

フライパンで少量づつ焼くのは、えぇい、もうめんどうじゃ~。

それでホットプレートを出して一気に焼くことに。
温度を250°ぐらいに設定して太白ゴマ油をひいて。
餃子を並べて、皮においしそうな焼き色がついてきたら、お水をいれてフタをしました。

しばらくしてフタをとった後も、温度を下げて、ジリジと音がするまで気長に水分を飛ばします。
お水は少なめの方が、パリッと焼きあがるみたい。
水分の多い、ベタベタの餃子はちょっと残念ですよね。

焼き上がりました。

f:id:kakonobu:20210125184418j:plain

香ばしい色に焼けて、外はカリッ。ε-(´∀`*)ホッ
口に含むと、じゅわ~っと何とも言えない味が広がります。

私はポン酢で食べるのが一番好き。
夫はそれにラー油をたして食べています。

今回はホットプレートで一気に焼いたけれど大成功。
おいしい餃子があれば、これだけで大満足なおかずになりますよね。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。(≧人≦)

  こちらの記事もどうぞ