kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【ヘアドネーション】小学三年の孫娘が挑戦中。髪の長さはどうなった?

\読者登録おねがいします/

f:id:kakonobu:20200909111753j:plain

小学生の孫がヘアドネーションに挑戦中です。
最初の記事から2か月以上たったので、今回は経過報告しますね♪

  以前の記事はこちら

  ヘアドネーションとは
いろんな事情で頭髪を失った子供たちに、毛髪のウィッグを無償で提供する活動
のことを言います。


「ヘアドネーション」について TVで偶然知った孫娘。
それをきっかけに髪を伸ばし始めました。
恥ずかしながら私はまったくの無知で、孫に教えてもらって初めて知りました。

これだけ伸びました。

f:id:kakonobu:20200909111808j:plain

昨日我が家に遊びに来たので、後ろ姿を撮らせてもらいました。

だいたい一か月に1㎝伸びるそうなので、2㎝ぐらい伸びたことになりますね。
でもボリュームが凄いのでもっと伸びたような感じがします。

孫の希望はロングのウィッグ

【ヘアドネーション】に参加するためには、寄付する髪の長さは31㎝以上と決まっています。 でも31㎝だと「短髪のウィッグ」しかできないそうなんです。

孫は、ほとんどの女の子が長い髪のウィッグを希望しているという事を知った時「どうせ寄付するんだったら、ちょっとでも長い髪の束を寄付したい。」と思ったんだそう。
だからまだまだ伸ばす予定なんだとか。

  フルウィッグを作るのに必要な髪の長さ
  • ショートは 31㎝から
  • セミロングは 50㎝から
  • ロングは 60㎝から


なんと、ロングのウィッグを作るには60㎝以上が必要!

さすがに小学生にはハードルが高いかなぁ....という感じがしますね。
セミロングだと来年には提供できそうだけど...。

まだまだ伸ばします。

後ろ姿は平安時代のお姫様を連想させるほど、ロングヘアになってきました。
髪の毛の状態は健康ででツヤツヤなので、きっとしっかりしたウィッグができるような気がします。

だけど提供するには、道のりは長く、実際に寄付できるのは来年ぐらいかなぁ?という感じですね(^O^) 

ヘアドネーションのNPO法人

  NPO法人 JHD

www.jhdac.org

  【重要】悪質な業者にご注意下さい

www.jhdac.org

お子さんがヘアドネーションに参加したいと言ったら?

小学生のお子さんが提供を希望した時、お母さんの価値観や考え方が重要になってきます。

なぜなら、小学生の子供が一人でロングヘアを維持するのは不可能だからです。
洗髪をしたり髪を結ったりするのもお母さんの負担になると思います。
また、ご家庭によってそれぞれに事情もあることでしょう。

でも、もし可能であるならば挑戦させてあげてほしい!


小学生のお子さんがヘアドネーションに興味を持って「参加したい。髪を伸ばしたい。」と意欲を見せた時、その純粋な気持ちを大切にしてあげて、「ぜひ挑戦させてあげて欲しい!」というのが私の率直な意見です。

祖母として、引き続き孫の髪の毛を見守っていこうと思います。

今回は以上となります。

「ヘアドネーション」に挑戦中の、孫の経過報告を紹介しました。
これからもちょくちょく紹介してゆきますね!
そしていよいよ切る時には、現場から報告いたします('◇')ゞ

最後までお読みいただきありがとうございました。

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます!

ブログランキング・にほんブログ村へ