kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【60代主婦・キットで手芸生活】可愛いボックスを作りました。

f:id:kakonobu:20210509094643j:plain

f:id:kakonobu:20210126180439p:plain

先日に続いて今回は「ボックス」を紹介します♪
キットを利用して製作したものや、自己流で作ったものなど。

どういうわけか、立体のものを作るのが好きです。
特にパッチワークを使った「ボックス」や「バスケット」は作っていて楽しいので、何個でも欲しくなります。

フェリシモ 巣箱のボックス

f:id:kakonobu:20210509173401j:plain

かなり昔のキットを入手して製作しました。
サイズは大きめで横幅が22cm・奥行きが16cmほどあります。
本当に凝った作りなんですけど、それゆえ、実を言うと途中で挫折しそうになりました。

だけど完成した箱は、何とも言えず味わいの感じられる仕上がりに!
飾ってるだけでも、充分存在感があります。

とは言え、近くで見たら「アラ」がよく見える箱。
写真だとキレイに見えますけど。ぶふふ・・・。

中は仕切りがついています。

f:id:kakonobu:20210509094713j:plain

ふたの裏側はハートをアップリケしたポケットつきです。
また、両端には細いヒモがついていて、重量感のある「ふた」と「ボックス」の縫い目に負担がかからないよう工夫されています。

仕切りは自由に動かせるし、本当によく考えられた素敵なボックスなんです。
デザインは「柴田明美」さんです。

ポーチのキットもセット

f:id:kakonobu:20210509094648j:plain

こちらもセットでした。
ポーチのヒモの飾りが、ころんとして愛らしいです。

ふたの飾りが可愛いボックス

f:id:kakonobu:20210509094652j:plain

こちらも20年ほど前のキットだと思います。
クリスマス・カラーのような楽しい配色で、特にふたの「飾り付け」が可愛くて、夢中で製作しました。

そしてミニミニ・サイズの「ししゅう枠」や「ピンクッション」そして「ししゅう糸」に「はさみ」など。
立体のものはボンドで張り付けています。

パッチワークとは違う楽しさがあって、しかも完成までスピーディー。
あっという間に仕上がりました♪

箱の中身は

f:id:kakonobu:20210509094657j:plain


手ごろな大きさで使いやすいので、細々した手芸用品を入れてます。
また、このキットは「はさみのカバー」と「ピンクッション」もセットになっていましたよ♪

はさみカバーも可愛い

f:id:kakonobu:20210509094701j:plain

こちらは「はさみカバー」
赤布の部分はキルト芯や裏地を重ねているので、しっかりとした作りになっています。

だけど・・・とにかく「ししゅう」が苦手です。(*_*)
「サテンステッチ」や「バックステッチ」が難しく、ガタガタになりました。
ミシンの部分はスムーズに縫えましたけど。

キットの余り布を使ったオリジナルの箱

f:id:kakonobu:20210509094704j:plain

こちらは、キットの「残り布」や、ニーナのお洋服を作って余った「リバティ」などを総動員して作りました。

やっぱりセンスは微妙ですね。ぶふふ。


型紙も自分で作りましたよ。(^^)
キットの「残り布」はこんな感じで再利用すると、むだなく、経済的ですね。

100円ショップの布を裏地に

f:id:kakonobu:20210509094708j:plain

裏地だけは100円ショップで購入しました。
手作りのボックスって、手縫いの部分が大半を占めるので完成まで時間もかかりますが、仕上がったときは満足感でいっぱいになります。
次回は「ポーチ」を紹介しますね。

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。(≧人≦) 

  こちらの記事もどうぞ

www.kako-b.com