kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【年金生活者の日常】65才の夫がアルバイトを開始 まだまだ働きます。

\読者登録おねがいします/

f:id:kakonobu:20200905192327j:plain

年金生活が開始した我が家です。
休養期間のあと、夫が見つけたアルバイトとは...。

  高年齢求職者給付金とは
  •  65才以上で離職した人に対して「失業手当」の代わりに給付されるお金のこと
  • 年金と同時にもらえるので必ずチェックすべき


高年齢求職者給付金」も無事にいただけたので、いよいよ本格的にアルバイトをすることになりました。

ただし、受給を受けるためには3つの条件があるので、くわしい解説はこちらをどうぞ。

給付金をもらうためには「ハローワーク」で手続きをする必要があるのですが、とても簡単なので覚えておいて損はありません。

そんな夫も、気力も充実したところで再就職することになりました。

未経験な職種

f:id:kakonobu:20200905193121j:plain

選んだのはホームセンターのアルバイト。
しかも午前中だけです。

本当はスーパーに行きたかったようですが、あいにく募集している会社を見つけることができませんでした。

  スーパーに行きたかった理由
  • 長年の趣味が「スーパー巡り」
  • 食品をじっくり見たり、各スーパーの「底値」を覚えるのが好き
  • クーポンを使うことも大好き
  • 基本的に接客業が好き


このように「スーパー好き」な夫なので、定年後は密かにスーパーでのアルバイトを狙っていたようです。

残念ながら募集しているスーパーがなかったので、第二希望の「ホームセンター」へ行くことになりました。

イキイキ!シニアライフの始まり

アルバイトを初めて数日がたちました。
もうびっくりです。
こんなに楽しそうで「イキイキ」とした夫を見るのは何年ぶり?という感じ。

夫いわく。
「店長さんが親切な人で良かった。仕事がこんなに楽しいとは思わなかった。」

サラリーマン時代には決して出なかった言葉!

仕事内容は今のところ、商品の品出しやお客さんの対応です。
労働時間も、午前中だけなのでシニアには無理もなくいい感じ。

思えば長い会社員生活、時には心の病に負けそうになりながらも、よく耐えてきたなぁ...と。

一転して、現在の夫はすがすがしく開放感に満ちあふれているよう。
サラリーマン時代の「しがらみ」って相当な重圧だったんですね...。

大切なひとり時間

午前中だけでも夫が不在だと、私にとっても良いことだらけ。

パタパタとお掃除をした後、エアコンをかけた涼しいお部屋でやることは...。
ていねいに入れたドリップ・コーヒーを飲みながら、気になるユーチューバーをチェックして楽しむこと。

私の場合だと「マナブさん」とか「きほんひとりさん」とか。

超インドア派の私には、あぁ...!
「至福のひととき」なんです。

おかげで、夫の気配を気にすることなく、こうやってブログの更新もできるようになりました。やはり「一人だけの時間」って、めちゃくちゃ大切だと思います。

今回は、夫に変化があったので近況報告を書いてみました(^O^)
仕事が肉体労働(?)に近いので、筋トレはお休み中です。

  こちらの記事もどうぞ



ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます!

ブログランキング・にほんブログ村へ