kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【重曹でピカピカに!】琺瑯・ほうろう製品の焦げを落とす方法

f:id:kakonobu:20201107114430j:plain

f:id:kakonobu:20201107115523p:plain

「ホーローのお鍋を焦げつかせました。
スポンジにクレンザーをつけて磨いたら、細かい傷がついて
ガッカリ・・・。
焦げつきをキレイに落とせる方法が知りたいです。」

今回はそのようなお悩みを解決しますね。
「重曹」を使うことにより、簡単に落とせる方法を紹介します。

ほうろう製品について

f:id:kakonobu:20201107114420j:plain

「琺瑯」(ほうろう)とは「金属の表面にガラス質のうわぐすりをかけて焼き付けた物」なんだそう。
どおりで固いスチールのタワシで磨くと細かい傷がつくし、衝撃を与えると、表面が欠けて中の金属部分がサビてきたりもしますよね。

だけど、ぽってりとした形が可愛いので愛用しています。
あとは「酸に強いし、匂い移りもしない」ところも嬉しい長所。

画像は随分まえに「ニトリ」で購入したミルクパンです。
夫が「ゆで卵」を作ったり「牛乳」を温めたりするので、このような状態に。
あちゃーです。Σ(゚∀゚;)
それで「重曹」を使ってキレイにすることにしました。

時間をかけて「焦げ」を柔らかく

f:id:kakonobu:20201107114439j:plain

こうやって「重曹水」を弱火でぷくぷくと煮立たせます。
時間にして10分ぐらい。(・∀・)

  重曹水の作り方
  • このミルクパンには大さじ2杯の重曹と数滴の油、そしてお水を入れました。
  • 10分ほど煮立たせます。
  • 1時間ほどそのまま放置。
  • 焦げを触ってみて、ふやけているようならOK。
  • 傷つかないように、優しくこすって落とします。
  • 茶シブのような汚れはキッチンハイターを使うとカンペキです。


外側の焦げを落としたいなら、大きな鍋に重曹水を作ってその中に入れて煮立たせると、便利ですよ。
汚れが落ちない場合はもう一度、同じ作業をくりかえして下さい。

焦げはキレイにとれました。

f:id:kakonobu:20201107123445j:plain

焦げはキレイにとれました!
でも下側にある茶色いシミはキレイにとれませんでした。
ちょっとショック。(T∀T;)
それでキッチンハイターを使って漂白することに。
鍋に水を入れて漂白剤を投入後、30分ほど待ちました。
さて、キレイになったでしょうか。

おぉ!真っ白になりました。

f:id:kakonobu:20201107114446j:plain

30分ほど経過したらご覧のようにキレイに。
やはり「茶シブ」のようなシミには「重曹」ではなく「漂白剤」なんですね。

  • ほうろうの「焦げ」は「重曹水」と「食用油数滴」で面白いように落ちた。
  • だけど「茶シブ」は落ちなかったので「漂白剤」を併用。
  • これでバッチリ。


ほうろう製品は比較的、汚れは落ちやすいのかなぁと思います。キレイに保ちやすいので、その点も使っていてうれしいところかも。

今回は以上となります。
年末にむけて台所用品のお掃除をゆるっとしているので、記事にしてみました!
あなたのお役にたてるとウレシイです。

  こちらの記事もどうぞ

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ

 
↓ ↓ ちょっと息抜き  Check!