kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【60代・年金暮らし】市営住宅へ引っ越し 書類が届きました。

f:id:kakonobu:20210612100614j:plain

f:id:kakonobu:20210609084735p:plain

さっそく市の管理センターよりたくさんの書類が届きました。
提出する書類が多くてびっくり。

先日のブログで「8月に引っ越します!」 って書いたけど、厳密にいえばまだ....。
「入居確定」ではありません。
つい舞い上がってしまいましたー!😅

入居決定日は8月1日から1か月以内と決まっているので、引っ越しは確かに8月中なのですが....。
実は書類提出後に「資格審査」があって、それに合格したあと晴れて「入居決定」になります。

郵便が届きました

f:id:kakonobu:20210612100553j:plain

さっそく青い封筒に入った書類の中身を確認。
当選者にはまずこの封筒が「特定記録」で届くことになっています。

ゴクリ.....。
ずっしりと重いです。(  ̄▽ ̄:)

中には「契約書」や「誓約書」などが同封されていました。
そして、それに対する詳しい説明が書かれている用紙など。
しかも重要なところは2種類の蛍光ペンで目立つようにしてありました
老眼の高齢者にはありがたいです。

封書が届いた日に確認の電話

f:id:kakonobu:20210612100601j:plain

この書類を受け取りしだい連絡して、案内を受けてください。」と書かれてありました。

6月14日 (月)までに連絡をしないと失格になるとのこと。
それって、絶対イヤなので、さっそく夫が電話しました。

もちろん書類の提出期限もあって、それまでに「カンペキ」に用意して提出しなければいけません。
でないと「失格」になります。

市営住宅に住んでいる人たちは、ちゃんと必要な書類を提出して、市から「住んでもいいよ。」って許可された人たちなんですね。
思わず尊敬の念がこみあげてきました.....。

優しさが身に染みる

書類に関することで「?」なことは、年金事務所や市営住宅の窓口の方に電話で確認したりするけれど、皆さん本当に親切で...。
老夫婦、ちょっとウルウル....😂

「誓約書」にギクリ

f:id:kakonobu:20210612100610j:plain

気軽に申し込める民間の賃貸とは大違いで、特に「収入」に関しては厳しい審査があるようです。
そして用意する書類はご覧のとおり。

 提出書類
  1. 住民票 「最新のもの」
  2. 所得証明書
  3. 市営住宅賃貸契約書
  4. 印鑑証明書
  5. 収入申告書
  6. 滞納無証明書「市税の滞納がないことを証明する書類」
  7. 誓約書


これだけの書類は用意する側も大変です。
中には「えっ」と思えるような「誓約書」も。

誓約する内容とは

f:id:kakonobu:20210612100557j:plain

五つのことを誓わされます。

特に3番目の「規律を重んじ、他の入居者及び周辺住民の迷惑となることは一切いたしません。
4番目の「特に、犬猫・鳥など家畜類の飼育はいたしません。
5番目は、違反した場合は「退去を命じられても意義はありません。

その書類にサインして提出することになっています。
だけど、これだけ徹底している方が個人的には安心な気がします。

家の見学は

f:id:kakonobu:20210612100607j:plain

間取りは紙面でわかっているけれど、家の中の状態は「入居説明会」の時に鍵をもらうまで、確認することができません。
その入居説明会は7月26日!
まだまだですね.....😅

記事の内容について

私は「岡山市在住」なので、もしかしたら、他の地域にお住まい方には参考にならない部分もあるかと思います。
その点はどうぞご了承くださいませ....。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

  こちらの記事もどうぞ