kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【60代・年金暮らし】市営住宅へ引っ越し準備。書類を届けました。

f:id:kakonobu:20210615072913j:plain

f:id:kakonobu:20210615073425p:plain

さっそく必要な書類を持っていきました。
その時に、窓口の方に少しだけ「家の内部の状況」について
教えてもらいました。

初めての「市営住宅」暮らし。
入居は8月1日からとなっています。
だけど実際に見学できるのは7月26日から。
まだまだ先なのでちょっと不安だったけれど、窓口の方に少しでも確認することができて良かったです。
ただ反対に落胆も...。😂

家の老朽化

f:id:kakonobu:20210615072927j:plain

現在住んでいる借家は「一戸建て」で、今年で築33年。
内部はかなり老朽化が進んでいて、これ以上住むには「不安」が残ります。

ってゆーか、実際デンジャラス...。😥
だから私としては「一日も早く出たい。」とうのが本音です。

新居への心配事

f:id:kakonobu:20210615072923j:plain

とはいえ、新居にも不安がありました。

古い市営住宅によっては、「浴槽」がない場合もあるそうで。
そういう場合は自分で用意をするそうです。

我が家の場合は

郵送されてきた書類を丹念に読むと、我が家の場合は「浴槽つき」となっていたので、一安心。
だけど「部屋の網戸はなし」となっていました!
書類にはそれ以上のことは書かれていないので、他のことはわかりません。

確認したこと

f:id:kakonobu:20210615072916j:plain

昨日、書類を提出しに行ったとき、窓口の方に基本的なことを尋ねたら、調べて下さいました。

  あるもの
  • フード付き換気扇
  • 浴槽


次は設置されていないものです。

  ないもの
  • 下駄箱
  • キッチンの給湯設備
  • ガスコンロ
  • 網戸


こんな感じで基本的なことがわかりました。
「ガスコンロ」も都市ガス用に変更しないといけません。
現在はプロパンなので....。😥
湯沸し器も必要になりました。
こういうことがわかっただけも、ちょっと一安心です。

お家賃のこと

f:id:kakonobu:20210615072920j:plain

こちらも概算してくださいました。
結果、3万ちょいになるとのことで、めっちゃウレシイーーー🤣

おおよその計算なので、もちろん前後することはあるとのこと。
あとは駐車場が1台・1500円になります。
町内会費などはまだわかりません。

敷金なし・保証人なし

私の住んでいる市では、平成30年度の第三回募集より「敷金及び連帯保証人」が不要になったそうです。
これも本当にラッキー。

引越までまだ時間もあるので、断捨離や荷物の整理など、無理をしないで少しづつ進めようと思います。

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。

  こちらの記事もどうぞ