kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【年金生活】アルバイト中の夫を天津飯(てんしんはん)で元気づけ。

f:id:kakonobu:20201006110727j:plain

ホーム・センターで午前中だけアルバイトをしている夫です。
日々試練の連続で、心が折れそうになることも多々あるようで・・・。

HCの従業員はオールマイティーな能力が必要で、レジからテーブルセンターなどのカットまで、仕事は本当に多種多様。

そんな中で頑張ってます

そういえばホーム・センターの従業員さんって、自身のウエストバッッグに、ペンチやカッターナイフ、メジャー、小さなハタキ・・・たくさんの道具をそろえていらしゃいますよね。
よく気がついてパタパタ動くような器用な人には、ぴったりの職場かも。
反対にぼ~っとしていたら勤まらないように思います。

そんなホームセンターでアルバイトをしている夫の担当は、主に品出しとお客様の対応です。
その「お客様の対応」には、今もかなり苦労しているもよう  ( ̄m ̄〃)

毎日が初体験

先日も、お客さんの依頼でテーブルクロスを7mカットしたらしいです。
夫は内心「げっ。7m?・・・やめてくれよー。」と思ったんだそう。

大家族で来ていたらしく、その中のお母さんらしき人が、夫がカットする手つきを不安そうな目でジーッと見ていたそうで。

「この人だいじょうぶかぁ?」みたいな。
「なんか自信なさそう」みたいな( ̄□||||

夫にも、そんな信頼していない様子がリアルに伝わってきたそうで、よけい緊張したんだとか。
7mもあるので、カットしたテーブルクロスを上手にたためずに苦労したそうです。
「それでも何とかやり遂げた。」って (・∀・)

いろいろなお客様

ある時、どこかのはおじいちゃんが古くなった「ゴトク」を持ってきたらしく。
それを夫に見せながら「これと同じ物はあるかいのぉ」って。

夫はその時「これ、五徳って言うんや!」って、初めて知ったそうで、なんと65才になるまで知らなかったんですって。 
ちょっとビックリ ( ̄m ̄〃) 

私に「五徳って知ってた?」と聞くので「知ってるよー。ガステーブルの火の所に置くやつでしょ。」と答えると・・・。
たいそう感心されて、またまた言われました ね(^∀^;)
「絶対俺より従業員に向いてるわぁ。」

ああカン違い

f:id:kakonobu:20201006132553j:plain

ある日、上品そうな中年女性に「電動の毛玉取り器はどににありますか?」と聞かれ、売り場まで案内した夫。
自信たっぷりに「これですよね。」と指さした先にあったものは、粘着テープの「コロコロ」・・・。

Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

はい。
私にはお客さんの混乱した表情が、脳裏にありありと浮かびましたよ。
お客さんはきっと内心「ダメだコリャ!!」と思ったことでしょう。
(  ̄▽ ̄:)
いかりや長介風だったかは謎ですが。

コロコロにリンクした理由とは

それにしても、どうやって「コロコロ」にリンクしたのか・・??

そういえば、遠い昔に猫を2匹飼っていた時代がありました。
その時、背広についた猫の毛を「コロコロ」を使ってキレイにしていたのです!
それでとっさに夫の脳内では、「毛玉を取る」→「毛玉といえば猫」→「コロコロでとっていた!」に変換されたのかもしれません。

どうやら一番大切な「電動」は脳内のどこかで削除されたみたいです。
(;゜∀゜)
夫の脳内がどうなっているのか、是非見てみたいものです。

これを食って元気出せ!

卵料理の大好きな夫は天津飯が大好物。
へこんでいる夫に元気を出してもらおうと、ちょっと大きめの丼で作ってあげました!

天津飯は「4倍濃縮のつゆの素」さえあれば簡単にできますよ。
本格的じゃないけど、お昼などに簡単にできるのでおすすめです。

  レシピはこちら

www.kikkoman.co.jp

今回は以上となります。
最後までおよみいただき有難うございました。

  こちらの記事もおすすめです。

www.kako-b.com

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます!  (≧人≦)

ブログランキング・にほんブログ村へ