kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【年金二人暮らし】日清の焼そばが大好き!時々食べたくなります。

f:id:kakonobu:20201207094746j:plain

f:id:kakonobu:20201207165257p:plain

インスタントめんが大好きな夫。
この日は小腹がすいたのか、自分で「日清焼そば」を作っていました。

定年後は時間に余裕があるせいか、台所に立つことも多くなった夫です。
デザートも、唯一習得した「牛乳プリン」などをよく作ってくれます。
そんな夫が作った「日清焼そば」の完成度とは。

こだわりの皿

f:id:kakonobu:20201207094721j:plain

ぶっちゃけ、乾麺タイプの「日清焼そば」を作るのは、夫の方が上手かも。
いつも食べながら「わぁ。おいしい。」って思います。
もしかしたらインスタントの物って、誰かに作ってもらった方がおいしく感じるのかもしれませんね。

熱さにこだわる夫の必須アイテム

まず最初に火にかけるのは、この南部鉄の「ステーキ皿 」です。
夫はとにかく熱さにこだわるので、これは夫専用のもの。
立派で大ぶりなステーキ皿なので使いやすく、お料理もおいしそうに見えますよ。

夫流「日清焼そば」の作り方

f:id:kakonobu:20201207094726j:plain

まず「キャベツと豚コマ」を適当に切って油で炒めて、塩・コショウし、別皿にとっておきます。
キャベツは2枚くらいでお肉も少し。
具が多すぎると、焼きそばの味が薄くなるらしいです。

焼きそばは表示通りに作ります。
先に麺に味付けをすませておくのがコツなんだとか。

その後、具材を投入

f:id:kakonobu:20201207094730j:plain

先に炒めておいた「具」をこの時入れます。
弱火だと野菜から水分が出てくるので「一気に強火で」がコツだそう。
そして水分を飛ばすように、手早く混ぜながら炒めます。

こんな感じに仕上がったら出来上がり

f:id:kakonobu:20201207094737j:plain

水分が飛んでおいしそうに焼きあがりました。

ここで仕上げに「かどやのごま油」をちょっとだけ投入。
また、味付けは添付されている「粉末ソースの素」だけだそう。
私は最初食べないつもりだったのですが、あまりにもソースの何ともいえない、おいしい匂いに誘われて、少しだけお皿に分けてもらいました。

やっぱりおいしい日清焼そば

f:id:kakonobu:20201207094741j:plain

食べてびっくり・しやっくり。(・∀・)
あの不器用そうな手に、こんな驚きのセンスがあったなんて。

キャベツもシャキシャキで、お肉はふっくらジューシー。
めんは固すぎず柔らかすぎず、とってもおいしい焼きそばに仕上がっていました。
いつも自分で作った料理を食べているので、作ってもらうと特においしく感じます。

でも、インスタント麺をおいしく作るのって「意外と簡単なようで難しい」と思うから、やっぱり結構センスがあるのかも。

意外な才能?

夫の唯一の自信作「牛乳プリン」は味がどんどん進化して、今では我が家の「定番デザート」に。
最近では「牛乳プリン」にかける「黒みつ」まで作る熱の入れようです。

そういえば「カップケーキの作り方を教えて。」って頼まれているので、今度一緒に作ってみようと思います。

(* ̄▽ ̄)フフフッ♪
夫の魂胆はみえみえですよ...。

自分で作ったカップケーキを、孫たちにプレゼントして...。
「えっ。これ、おじいちゃん作ったの?すごーい。
おじいちゃん天才!大好きっ。(≧∀≦)」
って、きっと言われたいのでしょう。
ぶふふ。( *´艸`)

今回はこれでおしまいです。
いつも何気ない内容ですが、お読みいただいて本当にありがとうございます。

  こちらの記事もどうぞ

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ

▼ 時々食べたくなるなつかしい味