kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【年金二人暮らし】生クリームの代用に!白みそを入れたグラタンを作りました。

f:id:kakonobu:20201214083206j:plain

f:id:kakonobu:20201214083704p:plain

早いもので、もう12月の中旬。
寒くなると「グラタン」が恋しくなります。
今回は「白みそ」を入れたグラタンに挑戦!

若い時はいつも「ハウス マカロニグラタン」を利用してました。
「ホワイトソース」が難しいと思っていたので。
でも作ってみたら意外と簡単だったので、それ以来自分で作るようになりました。

ぐつぐつ煮込んだマカロニ・グラタン

f:id:kakonobu:20201214083202j:plain

今回のレシピは「きょうの料理」で紹介された奥村 彪生(あやお)さんです。
それを少しアレンジして作りました。

奥村さんのレシピはシンプルで「ほっこりするおいしさ」
豚肉のしょうが焼き」やバッター液をつけた「ハムカツ」も昭和のなつかしい味で、時々食べたくなる一品です。
それで今回は奥村さんの「白みその入ったマカロニ・グラタン」を作ることに。

シンプルな作り方

マカロニと玉ねぎとエビをバターで炒めたら、いよいよ小麦粉を振り入れます。
ちょっと緊張する瞬間。(゚∀゚;)

しばらく炒めて粉臭さをとってから「牛乳+コンソメスープ+白みそ20g」を少しづつ入れながら混ぜていくと・・・画像のような感じに!

ポタージュスープのようなとろみがベスト。
冷めると固くなるので。(・∀・)
「マカロニグラタンの素」を買わなくても結構かんたんにできますよ。

牛乳の半量はコンソメスープに変更

ホワイトソースはいつも、牛乳だけだと風味が強く出過ぎるような気がするので、半分をコンソメスープにして作ります。
そうすると「あっさり」とした感じになって、胃腸にも優しく感じるので。

お気に入りのグラタン皿

f:id:kakonobu:20201214083210j:plain

久しぶりに登場した白山陶器の「フタつきグラタン皿」(≧∀≦)
小ぶりなサイズでシニアにはちょうど良い大きさなんです。
今回はこのサイズで4個分できました。

チーズをふって完成!

f:id:kakonobu:20201214083206j:plain

後はオーブントースターに入れて焼くだけ。
「グラタン」はふぅふぅ言いながら食べるのが最高なので、食べる直前に焼くようにしています。
あぁ、楽しみ。(≧∀≦)

じんわりとしたおいしさ

f:id:kakonobu:20201214083214j:plain

ぅわ。Σ(゚∀゚;)
フォークですくって激写しようとしたら、マカロニが飛び出しちゃいました。
あちゃーです。( ̄m ̄〃)

食べてみて新鮮な驚きだったのが、何とも言えない「まろやかなコク」

生クリームの代用に

知らないで食べたら「何が入ってるんだろう?」って不思議に思うかもしれません。
生クリームを入れなくても「白みそ」だけでこんなに風味がアップするとは、ちょっとおどろきです。

なんか「和風なグラタン」って感じで、シニアには特に「じんわりとしたおいしさ」に感じられました。
しかも「白みそ」は冷凍保存できるので、それもうれしい。

ネギたっぷりのスープ

f:id:kakonobu:20201214083218j:plain

この日は「えびピラフ」と「コンソメスープ」も作りました。
コンソメスープは「にんじん・キャベツ・ささみ」に刻んだネギを大量。
味噌汁の時も、青ネギはタッパーウェアに入れて食卓に置くようにしています。

それを味噌汁やスープにたっぷり。(・ω・)
野菜をほとんど食べない夫の、唯一の「健康法」かも。

今回は以上となります。
いつも何気ない内容ですのに、お読みいただいてありがとうございます。

  こちらの記事もどうぞ

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ