kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【ホームベーカリー】コンビニのような「肉まんレシピ」作ってみたよ。

f:id:kakonobu:20201022095838j:plain

コンビニに売っているような「ふわふわの肉まんが食べたい」
そんな夫の一言で、皮の配合をアレンジして作ってみました!

いつもの肉まんはこんな感じ
確かに皮は「もっちり」として固めですね。
ウーエンさんのレシピで作ったこともあるけど、こちらも「ふわふわ」じゃなかったです。
551の豚饅」も皮は固めだし・・・。
たぶん「ヤマザキ肉まん 」のようなイメージなんだと思います。

ふわふわの肉まんに挑戦

f:id:kakonobu:20201022095824j:plain

それで「パナソニック・ホームベーカリー」で生地を作ってみました。
生地は「パンコース」を使用しました。

皮のレシピはこんな感じにしました。
適当ですよ。

  生地のレシピ
  • 薄力粉 200g
  • 強力粉 50g
  • 太白ゴマ油 大1
  • 砂糖 大2
  • スキムミルク 大1
  • 塩 小さじ半分 弱
  • ドライイースト 小さじ1
  • ベーキングパウダー 3g
  • 水 180cc  弱


これで生地を作ってみました。
結果は「おもちみたいになって、生地がめちゃめちゃ柔らか過ぎ」
手でまとめられないほど柔らかくなりました。
あちゃーです。(T∀T;)
生地が一瞬でムダに・・・( ̄ε(# ̄)
「やわらかい肉まんを食べたい」と言った夫のせいだ・・。

発酵後なので生地自体が温かくなっている事もあり、余計にそう感じたのかも。
失敗覚悟で、シートの上に生地を移し、スケッパーで10個分に切り分けました。
これがまた一苦労。(T∀T;)
手粉をつけないと成形できません。

「やっぱり失敗かなぁ」と思いながらも、何とか10個分の肉まんを作りました。
今回の中身は「豚の細切れ」と「竹の子」と「東京ネギの白い部分」です。
調味料の配合はこちらの記事と同じにしています。

  良かったところ
  • 成形して発酵後はキレイに丸くなって、形がそろいました。
  • これは意外な発見。


発酵はオーブンレンジで30分ほど。
その後15分ほど中火で蒸しました。(・∀・)

蒸しあがるまでドキドキ

f:id:kakonobu:20201022095831j:plain

フタを開けたらこんな感じにふっくらと。゚+.(・∀・)゚+.゚
ちょっと安心しました。
なかなかおいしそうで期待が膨らみます。(≧∀≦)

試食タイム 夫の感想は

f:id:kakonobu:20201022095845j:plain

結論からいうと「めちゃくちゃおいしかった」です。
すごくフワフワで軽くて、何個でも食べられそうな食感。
夫曰く。
「これ、今までの肉まんの中で一番おいしい。」ですって。
今回は中身とのバランスも良かったみたいで、結果は大成功でした。

ただ、作ってみて大変だったのは「生地が柔らかい」こと。
ここさえ我慢したら、ふわふわの肉まんはもうすぐ目の前に!
「水」を少なめにしたら「生地が固くなる」し、ちょっとこの辺はふんばりどころですね。

今回は以上となります。
おうちで作った「肉まん」は既製品にはかなわないけど、それでも意外とおいしくいただけますよ。
チャレンジしてくださいね。(*^∀^*)

・以前の肉まんの記事はコチラです。

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ