kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【年金生活を楽しく】初・夫が牛乳プリンを作りました。そのお味は?

生活スタイルが変わったので、様々な変化がおきています。
まさか夫がデザートを作るとは!

新しい職場でも試練が直撃しているようで、悩みのつきない夫。
とは言え、かなりフリーな時間ができたので、この頃はだいぶ穏やかになってきました。

「あははは」と笑うことも多くなり、顔もすっきりとした表情に。
これはうれしい変化です。(・∀・)

そんな夫に、先日「白ごはん.com」で紹介されていた牛乳プリンを作りました。
「牛乳大好き人間」の夫はかなり気に入ったらしく、「自分でも作ってみたい」と意欲をあらわに。
そのセリフには内心びっくりですが、ムチを片手にスパルタ指導することになりました。

65才で初めて作ったデザート

指導と言っても、材料を鍋に入れて温めるだけ。(*^∀^*)
ゼラチンだけは、ふやかして後から入れます。

その時、冷蔵庫に残っていた生クリーム・50CCも追加で投入。
これでもっと風味がよくなるんです。
バニラオイルも何滴か入れると甘い香りがしてさらにGOODですよ。

あと最大のコツは「くず粉」を10gほどいれるところ。
このおかげで「もっちり感」が出て舌触りが濃厚になります。(≧∀≦)

フルーツでグレードアップ

夫を観察していると、理科の実験みたいにきっちりと分量を量っていました。
そういうところは慎重なのに、お玉でカップに入れる時は結構いい加減・・・。
雑にジャーっと注ぐので、表面が泡立ってしまいました。(  ̄▽ ̄:)
そこはちょっと注意。

でも、まさか夫がデザートを作る姿を見ることになろうとは。
ほんとアンビリバボウ。( ̄m ̄〃)
夫よ、これからは料理も作っておくれでないかい。

少し固まったところに、彼のアイデアでフルーツの缶詰を水切りしてトッピングしました。
牛乳好きな夫は、固まるのが待ちきれない様子。

デザート・タイム

早く食べたいとの事で、お水と氷を入れた容器にいれて冷やしました。
だんだん固まってぷるぷるになってきたので、さっそく食べることに。

夫いわく。
「うん。やっぱりおいしい。俺、かなりこの味好きやなぁ。」
自分の作ったプリンにご満悦のようすです。(・∀・)

自家製のミルクプリンって、できたてがおいしいんですよね。
明日になったら、固くなり過ぎて食感が悪くなったりするみたいなんで。

我が家はレシピをアレンジして、粉ゼラチンを5gに減らしています。
そうすると、「ふわとろ」の味が楽しめます。


このへんは好みなのでゼラチンの量はお好みで増減するのが良いかも。(*^∀^*)

手作りの黒蜜をかけて

食べる時は黒糖で作った黒蜜をかけると、より濃厚になります。

  • 黒蜜のかんたんな作り方 
    黒砂糖を同量の水で溶いたものを、レンジでふっとうするまで加熱します。およそ1分ぐらい。


冷蔵庫でよく冷やして、とろ~りとなった黒蜜をかけると、コクが出てとってもおいしくなりますよ。

今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

  基本のレシピはこちらです。

www.sirogohan.com


ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます!

ブログランキング・にほんブログ村へ