kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【年金二人暮らし】夫の手作り 牛乳プリンをデザートに食べました。

f:id:kakonobu:20201208100902j:plain

f:id:kakonobu:20201208101646p:plain

昨日に続き「夫ネタ第2弾
思い立ったら急に「牛乳プリン」を作る夫です。
この日も就寝前になって作り出しました。

牛乳が大好物の夫は、自分で「牛乳プリン」を作れるのが嬉しいみたい。
師匠は私です。

もとのレシピは「白ごはん.com」の「牛乳プリン」だったのに、夫の手によってどんどん進化している模様...。
最近は「黒みつ」まで添えてくれるようになりました。

そんな夫が作った「牛乳プリン」。
仕事が休みの前夜に作って、そして翌日のデザートにして食べることが多いです。

材料はいつも常備

f:id:kakonobu:20201208100845j:plain

作り方を覚えてから「もう何回目?」 というぐらい、作ってくれています。
今では手際もよくなってご覧の通り。
口出しできないほどの上達ぶりで、妻の私は激写するだけで、アドバイスはまったく不要になりました。

こだわりは「吉野くず」

f:id:kakonobu:20201208100849j:plain

もっちり感を出すために入れる「吉野くず」を、こうやってつぶすのが夫流。
食べた時の「なめらかさ」が違うんですって。
「へぇー。そうなの?」って感じですよね。
後は材料を煮立たせないように注意しながら作ります。

容器は家にあるもので

f:id:kakonobu:20201208100853j:plain

コーヒーカップや湯のみなど、家にあるものを活用します。
静かに牛乳液を注いだら、丁寧に「泡」もつぶします。
その後冷蔵庫へ。

冷蔵庫で翌日まで冷やします。

f:id:kakonobu:20201208100857j:plain

一番上とその下の段に置きました。
翌日食べるのが楽しみ。

この「牛乳プリン」夫の配合が上手なのか、固くなり過ぎません。
ガチガチに固まらず「ぷるぷる」の状態をキープしているので、本当においしい「牛乳プリン」です。

理由は、ゼラチンを「レシピ」より控えめにしているのか、反対に「吉野くず」を多めにしているのか...。
きっと秘密があるのかもしれませんね。

牛乳プリンいただきます!

f:id:kakonobu:20201208100906j:plain

こんな感じに仕上がりました!

昨夜作ったのに「ぷるぷる」のまま。
さっそく自家製の「黒みつ」をかけていただきました。

夫の「黒みつ」の作り方は、黒砂糖40gに水大さじ3を鍋に入れ、3分間弱火で煮詰めたものだそう。
クックパッドを参考にしたそうです。
簡単だけど、とろみが丁度良くて本当においしい「黒みつ」に仕上がっています。

自家製のお菓子は雑味がなく、スッキリとしているので大好き。
また「缶詰のフルーツ」を入れるより「黒みつ」をかける方が自然な感じで好き。

「カップケーキの作り方を教えて。」と言われているので、次はこちらも覚えてもらおうと思います。

  こちらの記事もどうぞ


今回は以上となります。
いつもお読みいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ

▼ ちょっと息抜きしませんか?