kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【高野文子の漫画 るきさん】おひとり様 30年前のミニマリスト

\読者登録おねがいします/

 

f:id:kakonobu:20200716165508j:plain

 

今回はわたしの大好きな漫画「るきさん」について紹介しますね。

 

 

るきさんとは

f:id:kakonobu:20200716163416j:plain


 

「るきさん」は「Hanako」という雑誌に、1988年の6月から1992年の12月まで連載されました。オールカラーで毎回読み切りとなっています。

 

30代と思われる独身女性の毎日を、同じ独身で親友の「えっちゃん」の友情をからめながら描かれています。

 

今から約30年ほど前のお話だから、「るきさん」や「えっちゃん」も60代になってるはず...。

私と同年代ですね。

 

 漫画の中のお話なのに、本当にどこかで生きているような感じがする、そんなるきさんです。

 

 

るきさんはミニマリストの先駆け?

f:id:kakonobu:20200716163622j:plain



 独身なのにすごくシンプルな生活を愛する、るきさん。
るきさんて、ひょっとしたら「ミニマリスト」の先駆けみたいな人だったのかなぁ、なんて思ったりしています。

 

住んでいるのは、アパートの1階。広さはおよそ1DKぐらい(?)

 

お仕事は、お家で「横町医院」の保険の請求をしています。
今でいうところの「テレワーク」のような感じですね。

 

るきさんは電卓がとっても早くてじょうずなので、一か月分の仕事がなんと1週間で終わっちゃうんです。

 

 

読書が大好きなるきさん。

f:id:kakonobu:20200716163507j:plain

 

 

後はのんびり、図書館へ行ったり、えっちゃんとお茶したり。
流行には無関心で、好きなものと言えば「図書館」と「切手収集」と「貯蓄」と「コーヒー」それに「焼きそばパン」。

 

図書館では「ローズマリーの赤ちゃん」と「二十四の瞳」の、どっちを借りるか悩んだり、また、子供の本を借りたりと。
かなり読書好きなるきさんです。

 

るきさんの強みは、自分の「幸せの価値観」がハッキリしているところ。
だから他人と自分を比較して落ち込んだりしないのです。

 

30年前のバブリーな時代に、このようなキャラクターを登場させて主人公にするなんて、高野文子さんの「先を見通す眼力」には脱帽です。

 

 

お金が大好きな、るきさんと、お金が嫌いなえっちゃん。

f:id:kakonobu:20200716163430j:plain

 

 

るきさんはお金が大好きだから使いません。
反対にえっちゃんは....笑。

 

えっちゃんはバリバリのキャリア・ウーマンで、流行に敏感なタイプ。住んでいるアパートの部屋もちょっとおしゃれな雰囲気です。

オシャレなえっちゃんは、ついついブランド品とお金を交換して、夕食は「湯豆腐」だけ、なんてことも。


るきさんとは正反対の性格なのに、とっても気が合う二人。
時には夫婦のように感じるときもあり、二人のやりとりが心地よく、何度読んでもあきないのです。

 

きっと二人とも、「さりげない思いやり」を分け合う達人なのかもしれません。

 

 

 るきさんは不思議な人

f:id:kakonobu:20200716164414j:plain




まず、考えが独創的でユニークなところがたまりません。

 

たとえば入浴中、湯舟につかりながらでコーヒーを飲んでみたり...。
そして「お風呂に住むのも悪くない」と妄想をくりひろげるのです。

 

またおせんべいを口にくわえて自転車に乗っている途中、おせんべいが口から離れて民家の松の木へ飛んで行ったことがありました。
夜にお風呂や寝床で、飛んで行った「おせんべい」の身を案じる、るきさん。

 

ちょっとヘンテコリンなところが読んでいてクセになります。

 

 

 

・「るきさん」の本はこちらです。

 

 購入する場合は単行本をおすすめします。
 理由は本の作りがしっかりしていて、文庫本より紙面が大きいから。
 老眼の人には特にこちらをおすすめします。

 

・amazon 電子書籍に興味ある方はこちらからどうぞ。


 

 

るきさんは就寝前の子守歌

f:id:kakonobu:20200716164501j:plain


 

ここ最近、就寝前は必ず「るきさん」に目を通しています。

 

今までは何種類かの本を枕元において読んでいたんだけど、それをやめてみました。
理由は、内容によっては目が冴えることもあったから。

 

それで穏やかな「るきさん」に変更してみたんです。
内容も知っているので脳も興奮しないし、読んでいるうちに心地よくて、ついついウトウト....。

 

私には入眠の効果があるみたいなので、しばらく続けてみますね。

 

 

まとめ

f:id:kakonobu:20200716163339j:plain

 

 

いかがでしたか。

 

今回は高野文子さんの「るきさん」を紹介しました。
この漫画は「幸福」の本質がサラリと描かれていて、実は奥の深い内容だと思います。

 

まだパソコンも普及していない、固定電話が主流だった時代のお話。
今の30代の人が読めば、きっと新鮮に感じることでしょう。

 

最終回は意外な終わり方でびっくりしますが、興味のある方は是非読んでみてくださいね。

 

  こちらの記事もおすすめ

www.kako-b.com

  

 

 

「ブログ村ランキング」に参加中です。
f:id:kakonobu:20200703163042g:plain いつも応援ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ