kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【60代・二人暮らし】驚きの新食感。元祖のりトーストを作ってみました。

f:id:kakonobu:20201204093419j:plain

f:id:kakonobu:20201204095004j:plain

本「純喫茶レシピ」の中で紹介されていた
珈琲専門店エースさんの「元祖のりトースト」
味わいたくなって、さっそく作ってみました!
初めて体験した味は....。

「のり」と「パン」が合体したら、どんな味なんだろう?
脳内で再現してみようと思ったのですが、一度も食べたことがないのでリアルに想像できません。
それで実際に試してみることに。

食パンはサンドイッチ用で

f:id:kakonobu:20201204093404j:plain

食パンは、いつもホーム・ベーカリーで焼いています。
これだとイギリスパンになるので「のりトースト」を作るには不向き。
ということで、サンドイッチ用の食パンを購入してきました!
4枚を横に並べて....。

しょうゆをS字にたらす

f:id:kakonobu:20201204093408j:plain

まずはじめに霧吹きで食パンに湿気を。
この何気ないひと手間が、パンをふっくらと焼き上げ「のりトースト」をおいしくする秘訣なんだそう。

また「しょうゆさし」は注ぎ口が細い方がいいみたいです。
ドバーッと出ちゃったら、しょっぱくて悲しい結果がまってます。

のりをはさんでサンド

f:id:kakonobu:20201204093411j:plain

こんな感じに2枚にのりを置いてサンドにします。
そしてこのままトースターに入れて両面をこんがり焼き上げます。

ふふふ。
どんな味になるのかもうワクワク。

焼きあがりました!

f:id:kakonobu:20201204093415j:plain

焼きあがったら片面にバターをたっぷりぬって、重ねます。
バターがノリの代わりになって、風味は増すし一石二鳥。
ところが、パンが熱すぎてバターが溶けちゃいました~!
結果。ノリの役目を果たさず...。(  ̄▽ ̄:) 

「のりトースト」完成。

f:id:kakonobu:20201204093419j:plain

気を取りなおして、このように切りました。
こうやって立てると、なんかプロっぽい仕上がりになりますね。

サンドイッチ用を使ったので、ちょっと薄めの「のりトースト」が完成しました。
本家の味を知らないのがちょっと残念だけど、早速試食タイムへGO!

初体験の感想は

f:id:kakonobu:20201204093423j:plain

初体験のたべものって「期待と不安」が入り混じって、いつも胸が高鳴ります。
ふふふ。高まる高揚感。
ドキドキドキ...。

さっそく一口がぶりっ。
モグモグモグ.........。
「ぅん?......」
もう一口がぶり。
「ぅわー。なにこれ。パンがモチモチで不思議な感じ。まるでおもちを食べてるみたい!」

ソウルフードと合体

「のり」と「しょうゆ」ってまさしく日本を代表する味ですよね。
本家の味は知らないけど、それが「食パン」と合体したらこんな感じになるんだーって。
ちょっと驚きでした。
また、コーヒー専門店のメニューだけど「飲み物はだんぜん日本茶の方が合うなぁ。」なんて思いながら食べました。

コツのコツ

やはり最初に食パンを霧吹きで湿らせることが「もちもち感アップ」の秘訣のようです。

クセになりそうな、すごい不思議な感じがする「のりトースト」。
次回はもうちょっと厚めの食パンで作ってみようと思います。
材料は超シンプルなので、まだ味わったことがない人は是非作ってみてください。

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。(≧人≦)

  こちらの記事もどうぞ