kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【恐竜好きな孫が大喜び!】岡山理科大学の恐竜学博物館へ行ってみた。

f:id:kakonobu:20201203103733j:plain

小学三年生の孫は恐竜が大好き。
その恐竜の知識には、祖父母のわたし達もビックリ。
そんな孫が最近大興奮したこと...。

f:id:kakonobu:20201105112515p:plain

孫は将来「絵の先生」か「恐竜に関係した仕事」につきたいそう。
そういう明確なビジョンがあるので、「恐竜展」が地元で開催されると、よく連れて行きます。

そんな中、岡山理科大学内にある「恐竜学博物館」の存在を知りました。
調べてみると、2020年5月にリニューアルされたうえに、なんと無料で見学可能とのこと!
これに素早く反応した夫。(  ̄▽ ̄:)
無料大好き人間の夫は、さっそく土曜日に予約 (土曜は要予約) して3人で見学へ行くことになったのでした。

初めての見学に孫は

f:id:kakonobu:20201203103721j:plain

土曜日で予約していたこともあり、見学しているのは私たちだけ。
エレベーターを利用して違うフロアに着いたときに、子供連れのファミリーらしき人達とすれ違ったぐらい。
そんな静かな環境の中で、ゆっくりと見学することができました。

研究員(?)の若い男性の方が、わたし達の質問にも穏やかに答えて下さって、一般的に開催されている「恐竜展」とはちょっと違う。
かなりの専門性を感じました。(・∀・)

研究員の方に「どんな恐竜が好き?」と聞かれた孫は、嬉しそうに「トリケラトプス!」
それを聞いた研究員の方も「おぉー。僕も大好きな恐竜です。」と、目を細めながら答えて下さいました。

大好きな恐竜がいっぱい

f:id:kakonobu:20201203103750j:plain

気持ちを高ぶらせて、持ってきたスケッチブックに恐竜の絵を描きながら見てまわる孫。
テンションも上がり気味で、こういう時は思う存分楽しませてあげるのが良いみたいです。

もちろん時間制限などもないので、ゆっくりと気のすむまで見学することができました。
そして充分楽しんだところで次のコーナーへ。
こんな感じで各フロアを見てまわりました。

恐竜研究のリアルな現場

f:id:kakonobu:20201203112738j:plain

上の画像は「化学処理室・研究室」です。

ガラス張りになっていて、発掘調査から化石のクリーニング作業、標本作業、その後の研究に至るまでのプロセスを目の前で見ることができます。
※「岡山理科大学 恐竜学博物館」のパンフレットより抜粋


このように、ここは一般的な「恐竜展」のような雰囲気とは違います。
まさに恐竜研究のリアルな現場なのです!(≧∀≦)
そういうところが孫のツボにはまったようで、ずっと大興奮のまま。

帰りには「また行きたい。おじいちゃん予約して!」と言い出すほど、かなり気に入った様子でした。

恐竜好きな子供たちに

f:id:kakonobu:20201203103736j:plain

独特な雰囲気の中、メイン展示室や標本室など、恐竜が大好きな子供たちには (もちろん大人でも) きっと強烈なインパクトをあたえることでしょう。
機会があればぜひお孫さんやお子さんたちと、足を運んでくださいませ。

  岡山理科大学 恐竜学博物館の情報
>>>公式HPはこちらです。
  • 場所 岡山市北区理大町1-1  
  • 開館日 月曜日~土曜日
  • 土曜日・祝日は要予約
  • 時間 10:00~16:45
  • 入場無料
  • 電話 086-256-9804


今回は以上となります。
いつもお読みいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ