kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【加齢臭対策】やはり柿渋石鹸は効果的?(我が家で実践中のこと)

f:id:kakonobu:20200912165126j:plain

主人の加齢臭で一緒の部屋にいるのが苦痛になります。
注意するとイヤな顔をされます。
どうしたものか....。 

今回はそのような疑問にお答えしますね。

本格的な夏がやってきました。
今年こそ「加齢-臭」(かれい-しゅう)対策を万全にしたいものですね。

「加齢臭」は関心の高いテーマ

f:id:kakonobu:20200912172801j:plain

「加齢臭対策」は関心の高いテーマのようで当ブログでも検索キーワード「加齢臭・石鹸」が上位を占めています。

シニアにとっては油断できない日々が始まりますね。
特に男性は汗をかく季節は要注意。

臭いに無自覚な人が多い現実

以前、男性の加齢臭にノックダウンしたことがありました。

フィットネスクラブの中にある、トレーニングルームでのこと。
「フィットネスバイク」を利用中に、同じように隣で利用していた初老の男性の強烈な臭いに思わず閉口....。

最初こそガマンしていましたがとうとう気分が悪くなってしまい、何気なくやめて、その場所から離れることに。
きっと本人は気づいてないでしょう。

指摘してくれる人はありがたい存在

私も60代なので理解できるのですが、たぶん嗅覚の機能も年齢とともに劣ってくるのだと思います。だから無自覚な場合が多く、他人に不快感をあたえているとは夢にも思っていません。

もし家族や友人で指摘してくれる人がいたら、それは「ありがたいこと」だと心に留めたいですね。

ペリカン柿渋石けんを愛用中

我が家で愛用しているのはペリカン渋柿石けんです。今のところはこれで充分、効果は感じられています。

コツはケチらずにたっぷり使うことです。
この商品は良心的な値段なのでたくさん使っても安心。

男性専用の石鹸

でももっと本格的なものが欲しい場合、「男性専用」に開発さた柿渋石鹸はいかがでしょうか。

たとえば楽天市場で1,300件以上の商品レビュー数を誇る柿渋石鹸 男のたしなみ

奥さんに「におう」と言われて使い始めた男性からの評価も上々で、楽天ランキングでも1位の実績をもつ石鹸です。
こういった実績があると信用の担保にもなるので、購入のめやすになりますよね。

加齢臭対策 我が家で実践していること

f:id:kakonobu:20200912165148j:plain

現在実践中のことを簡単にまとめてみました。

  実践中のこと
  • 汗をかいた時、できるだけシャワーをマメに浴びる。
  • 柿渋入りの石鹸をたっぷり使って体を洗う。
  • 下着や衣類も洗濯したものに変える。
  • お天気の良い日は寝具のカバーも洗濯。 


こうやって見ると初歩的なことばかりですね。
小さなことでも、毎日の積み重ねが大切だと思って実践しています。

  洗濯をする時に気をつけていること


いくら衣類に気をつけていても、洗濯槽がカビだらけだと意味がありません。なぜなら洗濯物の異臭の原因になるからなんです。

よって、洗濯槽内部の定期的な除菌は必ず行いましょう。

  重要
  • 一度洗濯物に染みついた異臭をとるのは至難のわざ。
  • ニオイをつけないのが一番大切。


ニオイが染みついた衣類は、洗濯や漂白しても無臭にならないような気がします。
微妙なニオイが残るというか...。
特に雨の日、室内干しの生乾きの衣類は要注意です。

  結論
  • とにかく、体・洗濯物・洗濯機に「雑菌」を増やさないこと。


シンプルな結論ですが、これに尽きますね

除菌スプレーも常備

必ず除菌スプレーを常備しています。

「シュッシュッシュ~♪」とスプレーするのが常識となった今日このごろ。
サライウォーター2Lスコットクリーン3Lなどを希釈して、数か所に置いてます。

また、こちらの非接触型ハンディ温度計 も新しい習慣になりつつありますね。

30年前には考えられなかった光景ですが、今の時代、こういった温度計が毎朝の身だしなみの必需品となりました。

  こちらの記事もどうぞ

www.kako-b.com

www.kako-b.com

今回は「加齢臭」におすすめの柿渋石鹸や、我が家で実践していることを紹介しました。

加齢臭対策に終わりはありません。
わたし達シニアは特にまわりに不快感をあたえないよう、充分注意する必要があります。

柿渋配合の石鹸もいろいろとあるので、効果を感じられなかったり、体質に合わなかったりして、試行錯誤することでしょう。
早くあなたにぴったりな商品が見つかると良いですね。



ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます!

ブログランキング・にほんブログ村へ