kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【年金生活のおやつ】ホームベーカリーで作ったピザ生地を菓子パン風にアレンジ

f:id:kakonobu:20210108125211j:plain

f:id:kakonobu:20210108125916p:plain

冷凍していたピザ生地で、ドイツ風「シュトロイゼルのパン」
を作りました。
クッキー生地がサックサクで、とってもおいしかったです。
夫が大喜びした「おやつ」でした。

ホームベーカリーで作ったピザ生地は意外と便利かも。
「ピザ以外においしく食べる方法はないものか」と思案して、思いついたのが
「シュトロイゼル」をかけて焼く方法でした。
結果・大成功。(≧∀≦)
とってもおいしくて、次もリピートしたい「菓子パン」になりました。

ピザ生地の上に「シュトロイゼル」

f:id:kakonobu:20210108125206j:plain

ピザ生地を解凍して伸ばした上に、こんな感じでふりかけました。

「シュトロイゼル」 とは小麦粉と砂糖と無塩バターを「そぼろ状」にしたもので、「クランブル」と同じような意味だと認識しています。
ドイツではこのシュトロイゼルのかかったパンが、昔は一般的なお菓子だったのだそう。

190°で20分ほど焼きました

f:id:kakonobu:20210108125203j:plain

こんな感じで香ばしく焼けました。
シュトロイゼルは固まっているので、砂のように崩れたりはしません。
香ばしい焼け具合で、食べるのが楽しみ。

食べやすいようにカットして

f:id:kakonobu:20210108125215j:plain

ピザ生地なので固めですが、包丁でサクサクと切ることができました。
上にかかっている「シュトロイゼル」はクッキー生地を「そぼろ状」にして焼いているので、とっても香ばしい良い香りがします。
また、味もシンプルだし、パンの厚みもないので見た目より意外とたくさん食べられますよ。

お茶の時間に

f:id:kakonobu:20210108125222j:plain

今回はドリップコーヒーを用意。
お茶の時間は、気分によって「白湯」や「ハーブティー」も楽しんでいます。

ピザ生地は固い食感だけど、それがまたおいしく感じられました。
塩味のピザ生地にぽろぽろの「クッキーそぼろ」が素朴なんですけど、なんとも言えず美味。

本場・ドイツのシュトロイゼルのパン

門倉多仁亜さんの本「ドイツの焼き菓子」にも「シュトロイゼルのパン」が掲載されています。
こちらのパン生地は、「卵」や「牛乳」それに「バター」も多めに入っていて、ピザ生地より、かなりリッチな配合です。
だけどホームベーカリー用の「ピザ生地」でも充分おいしく仕上がりました。

「シュトロイゼル」はクッキー生地を「そぼろ状」にしたものですが、
作り方はとっても簡単 (・∀・)

材料&作り方
小麦粉 100g  砂糖 50g 冷たい無塩バター (角切り) 50g
手で「そぼろ状」になるまですり合わせる


これを生地の上にちらします。(*^∀^*)ノ
パウンドケーキの上にちらして焼いてもおいしそうですね。
「シュトロイゼル」は冷凍も可能なので、多めに作って冷凍しておくと便利かも。

節約おやつの菓子パン

f:id:kakonobu:20210108125218j:plain

夫がたいそう気に入って、どんどん胃袋の中へ..。
「これはおいしい。また作って。」と言いながら、あっという間に完食しました。

実は冷凍のピザ生地を消費するために作ったのですけど、意外や意外、おいしくて大ヒット。
またリピートして作ろうと思いました。

  こちらの記事もどうぞ

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ