kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【手芸生活】リネンのうさぎの縫いぐるみ完成!孫の反応は。

f:id:kakonobu:20201105114913j:plain

f:id:kakonobu:20201105112515p:plain

孫から
「クリスマスプレゼントにうさぎの縫いぐるみを作って。」
とリクエストされています。
とりあえず試作品を作ってみました。

手芸をするのは本当に久しぶり!
手元も怪しくなっているので自分でもびっくりです。
こんなところにも「老化」が進んでいるのかと、ちょっと不安を覚える今日この頃。
わぁー。あせりますね・・。Σ(゚∀゚;)

孫たちの反応

f:id:kakonobu:20201105114919j:plain

11月3日の祭日に孫二人が遊びに来たので、試作品をチェックしてもらいました。
小学三年生のお姉ちゃんは「かわいい」と喜んでくれたけど、「目の位置はもっと上がいい」とのこと。
また、目のボタンは縫いぐるみ用ではなく「黒の平べったい普通のボタン」が良いそうです。
顔も、もうちょっと丸い方がいいみたい。(・∀・)

「着せ替えできるようにボディも同じ色にしようか。」ときいたら、このタイプの縫いぐるみは「着せ替え」はしないんですって。
だからボディには、画像のように違う生地が良いそうです。

子供ってお世辞を一切言わないので、聞いていてとっても参考になりますよ。
「ふんふん。」と感想を聞きながら、ぬいぐるみの改良点がはっきりとしてきました。

下の幼稚園児のサユちゃんは、この縫いぐるみがすっかり気に入って「持って帰りたーい。おばあちゃん、ちょうだい。」と、すっかりお気に入りの様子。

ポイント①:腕も自由に動きます

f:id:kakonobu:20201105114935j:plain

腕はボタンで縫い付けています。
生地は私の古いワンピースを解体して使用。
このボタンも、ワンピースに使われていたものを再利用しました。
首元の大きなリボンは取り外し可能ですよ。

ポイント②:とってもお座り上手

f:id:kakonobu:20201105114906j:plain

しっぽが背中を支えるような位置に縫い付けてあります。
このおかげで、背もたれがなくても「ちょこんとお座り」がじょうずです。
これは孫たちにも好評です。(・∀・)

型紙が掲載されている本

f:id:kakonobu:20201105114941j:plain

という具合に、かなり改良していますけど、この型紙にはもちろん原型があります。

本当はもっと小さい縫いぐるみなのですが、私は拡大コピーして作っています。
それでこの記事を読んで下さっている手芸好きのあなたに、型紙が掲載されている本を紹介しようと思ったのですが、記憶があいまいになっています。

もう何年も前に、偶然図書館で借りた本の中に掲載されていた型紙。
なんという本だったか、本の題名がわかったらまたお知らせしますね。
ごめんなさい。( ̄m ̄〃)

初代のうさぎの縫いぐるみ

f:id:kakonobu:20201105114858j:plain

「おばあちゃん、耳がとれそうだからなおして。」と持ってきたウサギのぬいぐるみ。
これだけ遊びたおしてくれるなんて、祖母としては感激です。
さっそく耳を縫いつけてあげました。
でもそろそろ限界かもですね。 d(^∀^;)
これからクリスマスに向けて新しい縫いぐるみを5体ほど作る予定なので、きっと喜ぶと思います。

今回は以上となります。
最近は午前中にブログの更新をして、午後から「手芸生活」を再開しています。
今日も縫いぐるみの製作をがんばります。(^O^)

  こちらの記事もどうぞ

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ

 ↓ ↓ ちょっと息抜き  Check!