kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【ハンドメイド コットンのぬいぐるみ】たれ耳のうさぎやクマさんを作っています。

f:id:kakonobu:20201202094122j:plain

小学3年生の孫に
「おばあちゃん、クリスマスプレゼントに作って。」
とリクエストされているウサギのぬいぐるみ。
毎日少しづつ製作中です。

f:id:kakonobu:20201105114733p:plain

こんなぬいぐるみが欲しい。」と、孫の描いたイラストが手元にあるので、それを参考にしながら作っています。
水色の生地と茶系のチェック地を使って、ほっぺに貼った黄色の星と、首元の黄色のリボンがアクセント。
ちょっとユニークなウサギさんができました。

可愛すぎないウサギ

f:id:kakonobu:20201202094125j:plain

先日、我が家へ遊びにきたので仕上がりのチェックをしてもらいました。
一目見るなり、かなり喜んでくれたので一安心!

「ぅわっ。かゎいいー。おばあちゃん、この星どうやってつけたの?」
って、不思議そうにウサギさんのほっぺを見ている孫。

(* ̄▽ ̄)フフフッ♪
答えはフェルトのシールよ。
星型にカットして、アイロンで貼り付けたのよ!
(今は便利な商品があるんですね。びっくりです。)

絵本の国のぬいぐるみ

小学3年生の孫は「甘ったるい顔」をイヤがるので、こんな表情のウサギが大好きみたいです。
そういえば、小さい時に手芸本「絵本の国のぬいぐるみ」から「ビロードのうさぎ」を作ってプレゼントしたことがありました。
とても魅力的な本で、絵本の主人公を「ぬいぐるみ」で再現しているのです。
孫は「ビロードのうさぎ」の絵本が好きだったこともあり、「喜ぶはずだ。」と思って作った結果は...。/(=∵=)\


イマイチ興味を示さず。(T∀T;)
それなりに製作費をかけたのに..ガーンです。
これは「ホビーラ・ホビーレさんのニーナ」も同じでした。

まぁ、ニーナに関しては自分自身が作っていて楽しいので、孫の好みを考えずプレゼントしていた...というのが正解なんですけど。
お洋服は本を参考にたくさん作りました。

▼ センスにあふれたお洋服がいっぱい!


わっはっは。
押し付け感いっぱいの祖母でしたね。
今でもかな。( ̄m ̄〃)

午後は手芸が日課

f:id:kakonobu:20201202094130j:plain

こんな感じで大分できました。
孫が小さい時に作って大喜びした、初代の「ぬいぐるみ」の改良バージョンです。
お顔もちょっとだけ、かわいくなったような...?

この「ぬいぐるみ」にはお洋服は必要ないので、これから「着せかえ用のぬいぐるみ」2体と、その子用の洋服を製作するつもり。

孫から洋服のデザインを描いた用紙をあずかっているので、そこから数点選んで作ろうと思っています。

手芸大好き

「やっぱり手芸は楽しいなぁ。」
久しぶりに布やミシンを使って、つくづくそう思いました。
特にぬいぐるみや人形のように、立体的なものを作るのが好きみたい。
孫たちのプレゼントが完成した後も、キットを利用して作り続けようかなぁ...なんて思ったりしています。

秘蔵っ子 アニカクラブのアニカちゃん

f:id:kakonobu:20201202094134j:plain

話題は変わって...。(・∀・)

こちらはもう閉店された「アニカクラブ」のアニカちゃん。
お肌は別珍ですべすべで、髪の毛も上質なコットン。
髪は1本1本丁寧に縫製されているので、アレンジもかなり自由にできるんです。

しばらく孫の家でお世話になっていたけれど、お役目終了で無事にお里帰り。
さっそく洗剤でキレイに洗って日に干して、髪の毛も整えてあげました。

お洋服はアニカ専用の既製品です。(≧∀≦)
リバティを使用したお洋服のセットがとってもオシャレなんです。

手芸用のメガネ

f:id:kakonobu:20201202094137j:plain

娘達が小さい頃は、ジェニーちゃんやリカちゃんの「着せかえ用ドレス」も手作りしていましたが、もう今ではとっても無理に。

孫から「おばあちゃん、シルバニアのお洋服つくって。」と言われたことがあったけど、小さすぎて完全にお手上げ状態です。
「わー。おばあちゃんには無理だわ。ごめんね。」って、あやまりました。

原因は老眼

近距離が見えにくいので、いつも「手芸用のメガネ」をかけて製作しているのですが、
これが思ったより目を酷使するようで。
特に小さいものは神経を集中するので余計疲れやすくなりました。
なので、大好きだった「ドルフィー・ドリームの衣装作り」もお休みしています。

ちょっと大きめサイズだと、もちろんOKなんですけどね。
アニカちゃんは身長が37㎝ほどあるので、着せ替え用のドレスも作りやすい。
お家に戻ってきたので、たくさん可愛がってあげようと思います。

今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

  こちらの記事もどうぞ

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ

▼「うさぎの着せ替え人形」が、たまらなく可愛い。