kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【バラの初心者】イングリッド・バーグマンに元気をもらっています。

f:id:kakonobu:20201116125852j:plain

f:id:kakonobu:20201116130833p:plain

いつも部屋をエレガントに保ってくれる赤いバラ。
晩秋になっても元気に咲いてくれています。

バラの名前は往年の名女優・イングリッド・バーグマン。

バーグマンといえば「カサブランカ」が有名だけど、個人的にはサスペンス映画の巨匠・ヒッチコックの「白い恐怖」での精神科の女医さん役が印象に残っています。
ラブ・シーンの時の、あの「うるんだまなざし」
何ともエレガントでした。

そんな大女優の名前にふさわしく華やかで力強いバラは、うれしい事にバラ栽培の初心者にぴったりの品種なんです。

部屋に一輪のバラがあるだけで

f:id:kakonobu:20201116125900j:plain

この美しい花びらを見るたびに感嘆のため息が。
一つ一つ巻かれたような薄い花びらに、すごい奇跡を感じるのです。
そして秋の花は「赤」というより「ワインレッド」のような風合いに変化しますよ。

今年の夏は暑くて心配したけど、強健なのでなんとか乗り切ってくれました。
猛暑が終わった9月からは、だいぶ元気になってこうやって大きな花をつけてくれるようになりました。

12月までは開花を楽しめる。

f:id:kakonobu:20201116125907j:plain

四季咲きなので12月までは開花を楽しめるイングリッド・バーグマン。
とはいえ、寒くなってきたので、花数も少なく、ツボミを開花させるのが大変そうになってきました。
また、花の大きさも小ぶりに。

子供のような存在

そんな中でも、こうやって咲いてくれるので私にとっては「家族そのもの」となりつつあります。
今年も休眠するまで元気に咲いてくれるのを願っています。

いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。(≧人≦)

  こちらの記事もどうぞ