kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【純喫茶のレシピ】ナポリタンの隠し味? スイートチリソースを入れてみた。

f:id:kakonobu:20201130191530j:plain

f:id:kakonobu:20201130192659p:plain

昔ながらのナポリタン!
今回は隠し味に「スイートチリソース」を少しだけ投入
してみました。
味の変化にびっくり。

たまに「トマトソースであえたパスタ」ではなく、スパゲッティを炒めた「ナポリタン」が食べたくなります。
それも、ほぼ夫と同じタイミングで。
不思議...。(  ̄▽ ̄:)

シンプルな材料

f:id:kakonobu:20201130191533j:plain

残念ながら「ピーマン」と「トマトペースト」が在庫なし。(;゜∀゜)
それで、つぶした「ニンニク」ひとかけを香ばしく焼いた後、「玉ねぎ」と「ウインナー」だけをオリーブ油でコンガリと炒めました。
焼き色がついた方が「おいしそうに見える」ので、しばらくいじらずに...。

ケチャップの量

f:id:kakonobu:20201130191536j:plain

トマトケチャップは、思ったよりも多く使う方が断然おいしくなることを「純喫茶レシピ」という本で知りました。

一人分だとお玉1杯分ぐらい。


「えぇぇ。そんなに使うの。」って最初はびっくりしました。

どうりで適当に作っていた「ナポリタン」って、いつも味がぼやけていたんですね。
この時、もっと濃厚なコクが欲しければ、二人分で「トマトペースト」を1本追加すると、よりおいしくなることを発見。
あと、仕上げにバターを20gほど追加したら、まろやかな風味にバージョンアップ!

やめたこと

「しょうゆ」や「ソース」は入れません。
我流で作っていた時は「隠し味のつもり」を気取って使っていた時期もあったけど、雑味に感じるようになってきたので。
今回は特別に「スイートチリソースを大さじ1」ほど入れてみました!

エスニックな香り

f:id:kakonobu:20201130191540j:plain

200gのスパゲティーを表示通りに茹でて、ソースの中へ。
思いっきり強火で水分が飛ぶように炒めました。
「焼きそば」を作るときのような感じですね。
この時、何とも言えない、甘酸っぱいような異国のスパイシー(?)な香りが.....。

玉ねぎとウインナーだけの「ナポリタン」

f:id:kakonobu:20201130191544j:plain

はい。いっちょあがりー(≧∀≦)

いつも冷凍庫に保存している粉チーズを振りかけて、お楽しみの食事時間。
もぐもぐもぐ・・・。
「???」←夫
「いつもと違う!なんかエスニック!!」←私

なんだろう。
ほどよい辛みが、なんだか新しい味になっていてビックリ。

「うん。これはこれでうまいな。」←夫

初体験のナポリタン

酸味やニンニク、そして辛みなどの「スイートチリソース」で、今まで味わったことのない「ナポリタン」に!
なんか、辛みがクセになりそうな予感が...。

実は高山なおみさんの新刊「自炊。何にしようか」で紹介されていたので、購入してみたんだけど、意外と使いやすい調味料だと思いました。

本の中では「ケチャップライス」のレシピにも使われています。
まろやかな辛みでニンニクも入っているから、トマトケチャップとは相性もバッチリ。

もう一つの絶品ナポリタン

f:id:kakonobu:20201130191547j:plain

「あぁ。おいしかった~。」と、体をのけぞる夫。
シンプルなナポリタンに味の変化球「スイートチリソース」が良い仕事をしてくれて大成功でした。

最後にもう一つだけ「絶品ナポリタン」を紹介します。
それはイタリア料理で有名な落合シェフのナポリタン。
「きょうの料理」で紹介されて以来、もう数えきれないほど作ってきました。
もう、ほっぺが落ちるほどおいしい!!
こちらはイタリアって感じの、本格的なナポリタンです。
普通の粉チーズを使っても充分おいしく仕上がるので、ぜひレシピをご覧になってくださいませ。

今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

  こちらの記事もどうぞ

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ

▼味のバリエーションが欲しい時に