kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【クリスマスの楽しみ】タカキベーカリーのミニシュトレンでコーヒータイム

f:id:kakonobu:20201223090708j:plain

f:id:kakonobu:20201224124413p:plain

ドイツの伝統的なクリスマス・ケーキ。
タカキ・ベーカリーの「シュトレン」が大好き。
クリスマス・シーズンになったらスーパーに登場します。

12月に入ったら「おやつの時間」に「タカキベーカリーの小さなシュトレン」をよく食べます。
レーズンなどのドライフルーツがたっぷり入って、3種類のスパイス「カルダモン」「ナツメグ」「シナモン」が独特の風味を出している、不思議な味のケーキ。

本場の味は食べたことがないけれど、この「小さなシュトレン」のおいしさにすっかりはまって、毎年楽しみにしています。

タカキベーカリー シュトレン

f:id:kakonobu:20201223090705j:plain

すごいローカルな話題ですみません。(^^ゞ
岡山では12月に入ると、この赤いパッケージの「シュトレン」がスーパーでチラホラ見かけるようになります。

今年も見つけました! ミニシュトレン。
シンプルなパッケージだけど、毎年変わらないおいしさで感激です。

お値段もこちら「小さいタイプ」で480円ほど。
すごいコクのあるケーキなので「ミニサイズ」でも充分楽しむことができるんです。

門倉多仁亜さん「ドイツの焼き菓子」

f:id:kakonobu:20201223090718j:plain

料理家の門倉多仁亜さんのレシピ本「 ドイツの焼き菓子」には、「シュトレンの作り方」が掲載されています。

門倉さんのお母さんはドイツ人。

ドイツの伝統的なクリスマスケーキと言えば、この「 シュトレン 」なんだそう。
見た目に派手さはないけれど、ドライフルーツやナッツをふんだんに使った、ゼイタクなお菓子なんです。

個性的な形

また、ケーキの形も独特なんです。

これは、生まれたばかりのイエス・キリストが「おくるみ」に包まれたところをイメージしているのだとか。


言われてみると確かに「おくるみ」に見えますよね。

「シュトレン」は手間のかかるお菓子なので、門倉さんの「おばあちゃん」や「お母さん」は作らなかったそう。

門倉さんの本には「シュトレンの作り方」も画像つきで細かく掲載されていますが、確かに気軽に作れるようなケーキではありません。
かなり根気が必要かも。

気軽なシュトレン

f:id:kakonobu:20201223090713j:plain

そんな手間のかかるシュトレンを、500円以内で購入できるとは有り難い限り。
この日も薄くスライスしてコーヒーと共にいただきました。

何とも言えないスパイスの香りとコクに、本当は何枚でも食べられそうな勢いですが、そこはぐっとガマン。

今しか味わえないので、ていねいにコーヒーを入れて「お茶の時間」を楽しむようにしています。

あと、このケーキを食べた後は、お腹が「じんわりと暖かく」なるような気がします。
スパイスの相乗効果でしょうかね。

孫たちには不人気

だけど孫たちはこの味が苦手。
一切れあげたら口に入れた瞬間、顔をしかめました。
スパイスが入っているので、ちょっと「大人の味」に感じたのかも。

超ローカルな話題でしたが「タカキベーカリーのシュトレン」をスーパーで見かけたら、ぜひ味わってみてくださいませ~。
いつも最後までお読みいただき、ありがとうございます。(≧人≦)

  こちらの記事もどうぞ
▼ おいしいバターケーキがいっぱい。コーヒーが飲みたくなりますよ。