kako-b

~60代を穏やかに楽しく生きる~

【高山なおみさんの本】「自炊。何にしようか」からワンタンを作ってみました。

f:id:kakonobu:20201123191228j:plain
本の中で見つけた「しその保存方法」  花を活けるように水にさしてビニールをかぶせて冷蔵庫へ。

f:id:kakonobu:20201123191556p:plain

昔から本が大好き。
高山なおみさんの新刊「自炊。何にしようか」
を読んで、いろいろと作ってみたくなりました。
この本、すごい好き。

料理家で文筆家の高山なおみさん。
高山さんのレシピで作ったお料理は口にあうし、また同年齢ということもあって、親しみを感じています。
そんな高山さんの最新の料理本【自炊。何にしようか】で紹介されていた「ワンタン」。
材料もシンプルなので、さっそく作ってみることにしました。

新しい感覚のレシピ本

f:id:kakonobu:20201123191231j:plain

一般的な「レシピ本」って、写真がオシャレで洗練されているものが多いけどこの本はちがいます。
生活感いっぱいの写真と文章。(・∀・)
エッセイとお料理が合体した感じで、どこもかしこも「高山さんらしさ」であふれているんです。

レシピをめくっていくうちに、ワンタン入りのインスタントラーメンを、大口を開けて食べている高山さんの写真が。
もう、ほんとうにおいしそう。(≧∀≦)
見たあとにモーレツにワンタンを食べたくなり、早速スーパーへ買い出しに!

高山さんのワンタン

f:id:kakonobu:20201123191235j:plain

材料は豚ひき肉とネギのみ。あればショウガも。
タネを作ってどんどんワンタンに仕上げていきました。
ワンタンって「何年ぶり?」という感じで、ほとんど購入した記憶がありません。
もちろん自家製の「ワンタン」を作るのも初めて。
期待に胸がふくらみます。(≧∀≦)

まずはスープ仕立てで

f:id:kakonobu:20201123191248j:plain

はい!出来ました!
ガラスープに細く切ったネギと、自家製ワンタンの即席スープ。

ワンタンのお肉とネギの風味がじわぁ~っと溶け出して、即席のスープとは思えないくらい濃厚な味に仕上がりました。
夕方のたそがれ時に、さっそく夫を呼んで試食タイム。
2階で録画した刑事もののドラマを観ている夫に
「おーい。ワンタンできたよ~。食べない~?」
「うーい。」
しばらくしたら、ドカドカと降りてきました。

おいしさの表現はいつもシンプル

f:id:kakonobu:20201123191241j:plain

イスに腰かけるなり「俺を太らせる気か。」
そう言ってスープと一緒にワンタンを口に運んだ夫。
おぉー。これはうまいなぁ。」と一言つぶやいて、熱々のスープをふぅふぅ言いながら、すすっていました。

サッポロ一番みそラーメンにワンタン?

高山さんが、ワンタン入りのラーメンを食べている写真を夫に見せたところ。
「絶対うまいやろ。俺も作ろ。」と言って、なんと家にあった「サッポロ一番みそラーメン」で作ることに!?
「う~ん。みそラーメンにワンタンはちょっと微妙なんじゃない?」ってアドバイスしたけど、夫は強行突破です。
出来上がったラーメンを味見したら、えぇ、まぁ、普通においしかったです。
でもやっぱりミスマッチのような・・・( ̄m ̄〃)

冷凍して保存

ワンタンはつるっとした感触で、のどごしが良く何個でも食べれそうなおいしさ。
また作った「ワンタン」は冷凍できるので、なにかと便利ですよ。
これがあれば、ラーメンやスープの具にちゃちゃっと使えますしね。

紹介した本は一人暮らしの方に向けた本だけど、シニアの二人暮らしでも充分活用できる内容でした。

今回は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

  こちらの記事もどうぞ

ブログランキングに参加しています。
ポチっと押していただけたら、手をたたいて喜びます! (≧人≦)


ブログランキング・にほんブログ村へ

↓↓↓ 神戸の一人暮らしから生まれたレシピの数々。